独学で勉強/フランス語講座F10

フランス語講座

「味わう」に関するフランス語表現

「味わう」と一言でいっても、味見や美味しいものを食べた時など、ニュアンスが色々とありますよね。

今回はそんな「味わう」のフランス語表現について覗いてみましょう。

何を注文する?

今日の花子さんとマリーさんは、高級レストランに来ているようです。

会話

Hanako: Est-ce que tu as décidé de ce que tu commandes?

何を注文するか決めた?

Marie: J’aimerai bien goûter ce plat de poisson. 

この魚料理を試してみたいわ。

Hanako: Le poisson à la truffe…Il doit être très savoureux!

トリュフと一緒のお魚…とっても味わい深いに違いないわ!

Marie: Mais j’hésite entre ce plat et le menu. 

でも、この料理とコース料理の間で悩んでいるの。

J’aime bien déguster plusieurs plats, mais on ne peut pas choisir ce poisson avec le menu.

沢山の料理を味わいたいけど、コース料理だとこのお魚を選べないのよね。

Hanako: On peut peut-être demander de remplacer le poisson avec un supplément ?

追加料金を払えば、このお魚に変えてもらえるようにお願いできるんじゃない?

Marie: Sinon, c’est un peu cher mais je m’intéresse aussi au menu dégustation.

それか、ちょっと高いけど、シェフのおまかせメニューにも興味があるわ。

Hanako: Moi aussi! On prend ça, alors?

私もよ!じゃあ、それにする?

Marie: OK, on fait comme ça. 

OK、そうしましょう。

D’ailleurs, on ne vient pas tous les jours dans ce type de restaurant. Il faut bien savourer ce moment!

そもそも、こんなタイプのレストランには毎日来ないものね。この時間を楽しまなくちゃ!

「味わう」のフランス語表現

フランス語の「味わう」という表現はいくつかあります。それぞれの微妙なニュアンスや違いを確認しましょう。

goûter 

goûter」は「味わう」の代表的な表現で「goût 味/風味」の動詞形です。「味見」の意味も強く、美味しいか美味しくないか、どんな味か知りたい時に使うことができます。

Je ne suis pas sûr qu’il soit assez salé. Tu peux le goûter?

塩が十分か自信がないわ。味見してくれる?

Goûte, et dis moi si tu aimes ou pas.

食べてみなよ。それで好きかどうか教えて。

déguster 

déguster」は「試飲する/試食する」「美味しく食べる」という2つの意味があります。

ワインなどのテイスティングのように、少量を試して好みかどうかを確かめる意味での「味わう」。

「美味しいもの楽しみながら食べる」という場合は当然美味しいものであるのが前提。「goûter」とは違い、美味しくないものには使われません。

Voulez-vous déguster ce vin?

このワインを試飲してみますか?

Je voudrais déguster plusieurs plats.

(美味しい料理を)何皿(何種類)も食べたい。

dégustation 

déguster」の名詞形は「dégustation 試飲/試食」。

高級レストランでは料理を提供される際に「bon appetit 召し上がれ」ではなく「(Je vous souhaitebonne dégustation」と声をかけられることがあります。

この場合は「楽しく味わってくださいね」といった意味です。

【レストランのコース名の場合】

dégustation」はレストランのメニューにも「menu dégustation」の名前でよく登場します。

シェフおすすめの料理が少量ずつ何皿も提供されるコースで、コースの内容は事前にわからない、つまり「おまかせコース」のことです。

コース料理の中でも、一番高い値段設定になっていることが多く、高級フレンチの場合は注文するのに少しためらってしまうかもしれません。

【一般的な食材の場合】

dégustation」は他にもビールやチョコレートなど、一般的な食材にも使用されます。

例えば一般的には味わって飲むという印象でないビールにつけて「biére de degustation」という場合なら「水のように飲むのではなく、味わって飲むためのビール」という意味です。

savourer

savourer」は「savoureux 美味しい/風味のある」の動詞形で「喜びをもって味わう」という意味。常に良い意味でつかわれます。

goûter」や「déguster」とは違い、味見の意味は含まれません。

また食べ物だけでなく「幸福や快楽を味わう」の意味でも使用されます。

C’était délicieux! J’ai bien savouré ta cuisine.

とても美味しかった!あなたの料理を良く味わいながら頂いたわ。

Qu’est-ce que c’est agréable ici…je savoure ce moment de détente.

なんて心地良い場所なんでしょう…リラックスする時間を楽しむわ。

まとめ

「味わう」に関するフランス語表現をご紹介しました。

基本的には「goûter」を覚えておけば大丈夫ですが、いろいろな単語を覚えておくと表現の幅が広がります。ニュアンスを掴んで、ぜひ使いこなしてくださいね。

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

 独学で勉強/フランス語講座F10フランスの物乞い行為前のページ

「味」に関するフランス語表現次のページ 独学で勉強/フランス語講座F10

新着フランス語レッスン

  1.  独学で勉強/フランス語講座F10
  2.  独学で勉強/フランス語講座F10
  3.  独学で勉強/フランス語講座F10
  4.  独学で勉強/フランス語講座F10
  5.  独学で勉強/フランス語講座F10
PAGE TOP