フランスの日常生活

フランスのカフェでランチ

カフェでランチを食べるなら、まずメニューをじっくり眺めてから決めたいですよね。ところがフランスで「メニュー」とお願いしてしまうと、思わぬ事態がやってきてしまいます。

今回は簡単なメニューの見方をチェックしてみましょう。

ランチの種類

カフェでランチをとることに決めた花子さんとマリーさん、コースにしようか単品にしようか悩んでいるようです。

会話

Marie : Qu’est-ce que tu prends ? Le menu ou à la carte ?

何にする?コース?それとも単品?

Hanako : J’hésite…je comptais manger de la salade, mais le plat du jour a l’air pas mal…

どうしよう…サラダを食べるつもりだったのだけど、日替わりのメイン料理が美味しそうで…

Marie : C’est vrai. Ca a l’air très bon.

そうね、とても美味しそうね。

Hanako : Bon, je prends un menu de jour et une petite salade comme entrée. Et toi ?

よし、日替わりのコースにする。で、小さなサラダを前菜にとるわ。あなたは?

Marie : Moi, je prends un steak tartare.

タルタルステーキにするわ。

Et je prendrais peut-être un dessert.

多分デザートもね。

Hanako : Et un verre de vin ?

グラスワインを頼む?

Marie : Ou on prend plutôt un pichet de 50 ml ?

むしろ50mlのピッチャー(ワイン)にしない?

ポイント

prendre

prendre」は「とる」や「(乗り物に)乗る」など、色々な意味を持つ動詞です。

「食べる・飲む」という意味でもよく使われますよ。

いくつか使い方を見てみましょう。

N’oublie pas de prendre les clés de la maison !

家の鍵を持っていくのを忘れないでね!

Il prend son enfant dans ses bras, chaque fois qu’il rentre de son travail.

彼は仕事から帰ってくるたびに、子どもを抱きしめる。

Je prends le RER pour aller chez mes parents.

両親の家に行くためにRERに乗ります。

Vous prenez à droite au 2éme feu.

2つ目の信号で右に曲がってください。

(Au restaurant) Qu’est-ce que vous prenez ?

(レストランで)何になさいますか?

Le menu と La carte

コース料理

フランス語を勉強しはじめて、ん?と思うのが「le menu」。発音は「ムニュ」ですが、日本語の「メニュー」とは意味が違います。

こちらはフランス語では「コース料理」のこと。

メニュー表を持って来てもらうつもりで「Le menu, s’il vous plat」とお願いすると、コース料理を注文したことになってしまいます。

メニュー表

ではフランス語でメニュー表を頼みたいときには、なんとお願いしたらいいのでしょうか?

答えは「la carte」、「La carte, s’il vous plat」と言うとメニュー表を持ってきてくれます。

日本語でも単品で注文をすることを「ア・ラ・カルト」ということがありますよね。

これは「à la carte」のことで、「メニュー表から(注文する)」ということです。

Le menu de jour

Le menu de jour」は「日替わりのコース」のこと。「de jour」を使って「le plat de jour 本日の料理」という表現もします。

【フランス人、日常の食事】

カフェでもこの「Le menu de jour」や「le plat de jour」があるお店がほとんど。そのお店のメニュー(carte)の中でもお手ごろな価格設定がされています。

特にコレが食べたい!というのでなければ、こういったものを注文するのがおすすめです。

地元のフランス人が、日頃どんな物を食べているのかが分かって楽しいですよ。

【食欲に合わせて】

カフェでもレストランでも「le menu de jour」は「entrée-plat 前菜-メイン」「plat-dessertメイン-デザート」「entrée-plat-dessert 前菜-メイン-デザート」と食欲に合わせて選べるようになっています。

そしてコースで注文してもデザートはメインの後に聞きに来るのが一般的。

plat-dessert-dessert」にしたけれど、デザート前に腹が一杯になってしまった…なんて場合は、(もちろんお店によりますが)デザートをキャンセルすることもできますよ。

カフェのcarte

ビストロやレストランと比べて、カフェの「carte」はシンプルです。

salade サラダ」「sandwich サンドイッチ」「croque monsieur クロックムッシュー」「steak frites ステーキとフライドポテト」といったシンプルなものが並びます。

基本的にバゲットは食べ放題なので、サラダだけでも意外とお腹が一杯になるんですよ。

高級なレストランや有名なビストロも素敵ですが、普通のカフェで地元のフランス人に混じってシンプルランチもおすすめです。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP