フランスの日常生活

フランスでアパート探し

フランスでアパートを探すには、不動産屋を通すより人気な方法があります。アパート探しも一苦労なフランスの事情をのぞいて見ましょう。

パリのステュディオ

今日のマリーさんはパリのステュディオを探しているようです。

会話

Marie : Est-ce que tu connais quelqu’un qui loue un studio ?

ステュディオを貸している人、誰か知らない?

Hanako : Dans Paris ? J’en connais un, mais son studio se situe quasi à la limite du périphérique.

パリの中で?一人知っているけど、彼のステュディオはパリの環状線ぎりぎりのところよ。

Marie : Une amie doit déménager  de son studio prochainement, mais elle ne trouve pas…

友達が近々、今のステュディオから引越ししないといけないの。でも見つからないみたいで…

Hanako : Un studio à Paris, ce n’est pas une mince affaire.

パリのステュディオって、見つけるのがすごく難しいものね。

Elle a déjà consulté les petites annonces de particulier ?

 個人の広告はもう見たの?

Marie : Oui, bien sûr. D’ailleurs, elle a déjà déposé plusieurs dossiers. Mais ils n’ont pas été retenus.

ええ、もちろん。それにもう何度も書類を提出しているの。でも全部ダメだったのよ。

Hanako : Je peux demander à  un ami qui est propriétaire d’un studio.

ステュディオを持っている友人に聞いてみようか?

Il me semble que le studio est vide et il cherche un locataire.

確か空室で、借家人を探していたと思うわ。

Marie : Merci ! Ah, le bouche à oreille fonctionne mieux qu’une agence immobilière !

ありがとう!ああ、口コミって不動産屋より役に立つわ!

ポイント

ce n’est pas une mince affaire

「とても難しい」「それは大変だ」の意味です。直訳すると「それは簡単な問題ではない」ですね。

le bouche à oreille

bouche」は「口」、「oreille」は「耳」で、「bouche à oreille」は「口コミ」を意味します。

bouche」は女性系の名詞なのですが「bouche à oreille」と名詞句の場合の冠詞は男性形の「le」が使われるのに注意してください。

アパートを探す方法

Une agence immobilière 

まずは「une agence immobilière 不動産屋」を介して探すのが基本的な方法でしょう。

条件を提示すればあった物件を紹介してもらえるので、探す手間は少なくてすみますね。

その代わりに不動産屋に「frais 費用」を払わなければいけません。家賃の1~2ヶ月分が相場ですが、払わないですむならそちらの方が嬉しいですよね。

les petites annonces

フランスでは個人間で不動産契約を結ぶための「les petites annonces 三行広告」もポピュラーな方法です。

無料新聞の広告欄をはじめ、専門の雑誌も販売されています。

PAP

代表的なのが「PAPde particulier à particulier 個人から個人へ)」で、不動産の売買や賃貸専門の雑誌の名前です。

今は「PAP」の雑誌はなく、インターネットのサイトのみとなっていますが、個人間の不動産取引には欠かせない人気サイトです。

Leboncoin

Leboncoin」も同じくインターネットサイトですが、不動産専門でなくさまざまな「les petites annonces」を扱う媒体です。

その中に「immobilier 不動産」の項目があり、個人の広告と不動産屋の広告が共に掲載されています。

PAP」と違いオプションを付けなければ無料で掲載でき、掲載期間も決まっていないので、家主さんにも優しいシステムが人気なようです。

フランスで効率的に物件を探すには

学生が多いパリのような都市ではアパート探しはとても大変。家賃の高さもですが「les petites annonces」をだすと、1つの物件に何人もの借り手が殺到する、というケースも見られます。

そのため完全な売り手市場になっており、ほかの人の条件と比べられ、入居を断られることも日常茶飯事です。

そこで登場するのが「bouche à oreille」。周りの人に「Je cherche un appartement アパートを探しているの」と言っておく方法です。

大家さんも借家人も、知人の紹介のほうが安心できるのは日本もフランスでも同じようで、あっさりとアパートが見つかる、何てこともあるようですよ。

もしくはアパートを引き払うから、その後に入らない?と声をかけられることも多いようです。

フランスでアパートを見つけるには、まず周りの人にそのことを伝えておくのが近道になりそうですね。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP