フランス料理とお菓子

フランスのお祭りで見かけるお菓子

お祭りの屋台で買い食いをするのって楽しいもの。フランスには神社のお祭りのようなものはありませんが、移動遊園地には食べ物の出店もずらっと並び、楽しい雰囲気を楽しむことができます。

今回はそんな移動遊園地で見かけるお菓子について覗いてみましょう。

お祭りでお菓子を買おう

今日の花子さんは、マリーさんに移動遊園地に一緒に行っていいか尋ねているようです。その理由とはいったい何なのでしょうか?

会話

Hanako : Il y aura une fête foraine bientôt.

 もうすぐ移動遊園地がくるでしょ。

Est-ce que tu y vas avec tes enfants ?

あなた、子供たちと一緒に行くかしら?

Marie : Oui, certainement.

ええ、きっと行くわよ。

Hanako : Je pourrai venir avec vous ?

あなたたちと一緒に行ってもいい?

Marie : Oui bien sûr. Mais pourquoi ?

ええ、もちろん。でもどうして?

Hanako : Enfin, à la fête, il y a beaucoup de confiseries que j’aimerais bien goûter par curiosité.

ええとね、移動遊園地には、興味本位で試してみたいお菓子がたくさんあるの。

Pourtant, je ne pense pas que je pourrai les aimer… mais j’aimerais les goûter tout de même !

でもね、好きになれるとは思わないのよね…でもそれでも試してみたいの!

Marie : Tu veux donc prendre un peu de chaque confiserie de mes enfants.

つまり、子どもたちのお菓子をすべて少しず摘みたいってことね。

Hanako : Ça te dérange ? Je paierai tout, justement je ne veux pas les jeter après avoir gouter…

ダメかしら?試した後に捨てるのがいやなだけだから、全部お支払いするわよ。

Marie : Pas de problème.

大丈夫よ。

Hanako : Ah, il faut aussi partager une barbe à papa !

ああ、綿あめも分けっこしないとね!

Elle est tellement grande que je ne peux jamais terminée.

大きすぎて全部食べれたことがないのよ。

フランスのお祭りで見かけるお菓子

フランスには日本の神社のお祭りのようなものはありませんが「fête foraine 移動遊園地」では、食べ物の出店もずらっと並び、少し日本のお祭りとイメージが重なります。

トラックの荷台がお店になっているので、日本の屋台より大きいうえに、デコレーションも凝ったものになっています。

confiserie

confiserie」は「砂糖漬」やそれを売るお店や工場の事ですが、甘くて小さなお菓子全体を指すこともあり、日本の駄菓子といったイメージに近いかもしれません。

フランスのお祭りで売られている「confiserie」は、とにかくカラフル!

赤やピンク、黄色などのかわいらしいものから、真黒で毒々しいものなどバラエティ豊かで子供たちの目は釘付けです。

そして味はとても甘いうえに、サイズも日本の駄菓子などより大きいものがほとんど。

花子さんのように興味本位でちょとだけ食べてみたい、色々食べてみたい、という大人には辛いかもしれません。

canne de sucre d’orge

  • canne ステッキ
  • sucre 砂糖
  • orge 大麦

canne de sucre d’orge」は杖の形をした飴のこと。

名前には「sucre d’orge 大麦糖」とは言っていますが「sucre d’orge」は使われておらずグルコースでできているそうです。

guimauve

guimauve」は「マシュマロ」のこと。日本でも「ギモーブ」と呼ばれることもありますね。

pomme d’amour

  • pomme りんご
  • amour

pomme d’amour」は「りんご飴」のことです。

barbe à papa

  • barbe ひげ
  • papa パパ

barbe à papa」は直訳すると「パパのひげ」ですが、これはピンク色をしたキャラクター「バーバパパ」のこと。

出店で売られるピンクのふわふわしたもの、そう「barbe à papa」は「綿あめ」のことです。

churros

churros」は「チュロス」のことで「chichis」とも呼ばれます。

フランスの「churros」はU字型ではなく、まっすぐのI字型が主流です。

croustillons

croustillons」は、スプーンですくってざっくり揚げたドーナツのような揚げ菓子で、「croustillons de foire」や「croustillons hollandaise」とも呼ばれます。

「カリカリした」という意味の「croustillant」と綴りも発音も似ているので、混同しないようにしてくださいね。

gaufre

gaufre」は「ワッフル」のこと。お祭りで売られているのは「gaufre de Bruxelles ブリュッセルのワッフル」と呼ばれる薄目で長方形のもの。たっぷりの粉砂糖がまぶされています。

日本でベルギーワッフルと呼ばれる丸くて分厚いものは「gaufre de liègeリエージュのワッフル」で、お祭りなどでは見かけることがありません。

まとめ

カラフルでちょっと体に悪そうな「confiserie」や「pomme d’amour」、シンプルな「croustillons」や「gaufre」まで…

日本のお祭りでも見かけるものもありますが、フランスのお祭りで見かけるお菓子たちは「お祭り値段」になっていないのも日本人から見るとビックリさせられます。

その分気軽に買うことができるのでフランスの「pomme d’amour」や「barbe à papa」を食べながら、日本のお祭りとの違いをフランス人に説明してあげるのも楽しいかもしれませんよ。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP