フランス料理とお菓子

フランスのお菓子の特徴

フランスにはおいしいお菓子屋さんが沢山あり、ガイドブックを片手に食べ歩きをしたくなりますね。

そんなフランス菓子の美味しさの秘密とはいったい何なのでしょうか?

自分で作ってみると、美味しさの秘密が分かるかもしれませんよ。

フランス式チョコレートムース

お菓子つくりが苦手な花子さん、友人を招いてのディナーの為に体験お菓子教室に行ってきたようです。

そこで知ったフランス菓子の真実とは?!

会話

Marie : Alors, ça s’est bien passé le dîner avec un ami japonais ?

ね、日本人のお友達とのディナーは上手くいった?

Hanako : Oui, je crois que j’ai bien réussi.

ええ、上出来だったと思うわ。

Marie : Qu’est ce que tu as préparé comme dessert ?

デザートは何にしたの?

Hanako : J’ai fait une mousse au chocolat.

ムース・オ・ショコラを作ったのよ。

Marie : C’est ce que tu as appris à un cours de pâtisserie ?

それってお菓子のレッスンで習ったもの?

Hanako : Oui, j’ai choisi le cours le plus facile.

そう、一番簡単なレッスンを選んだの。

Et j’ai fait exactement la même chose pour le dîner.

そして、全く同じものをディナーに作ったのよ。

Marie : C’était bon ?

美味しかった?

J’aimerais bien goûter ta mousse au chocolat.

私もあなたのムース・オ・ショコラを食べてみたいわ。

Hanako : Bien sûr.

もちろんよ。

Je la ferais la prochaine fois.

今度作るわね。

Mais il faut que l’on fasse un régime après.

でも、食べた後にダイエットしなくちゃいけないわよ。

Marie : Ah bon ? Pourquoi ?

そう?どうして?

Hanako : Tu sais combien on met du beurre et du chocolat dans la mousse ?

ムースにどの位のバターを入れるか知ってる?

C’est énorme !!

すっごいのよ !!

C’est indispensable pour le goût.

美味しさのためには必要なんだけど。 

Mais je ne voulais pas savoir la vérité…

でも、本当のところは知りたくなかったわ…

ポイント

Ca s’est bien passé?

(上手くいった?)

passer」は「通る」などの意味の動詞ですが、「se passer」と代名動詞になると「起る・行われる」という意味になります。

文中では「ça s’est bien passé le dîner? ディナーは上手くいった?」とありましたね。

主語を前において「le dîner s’est bien passé?」とも言えますが、「ça」で置き換えるほうが自然な言い回しです。

J’ai bien réussi.

(私は成功した)

日本語にするとなんだか大仰に聞こえますね。

フランス語だと「soirée (夜の)パーティー」や「dîner ディナー」は「réussir 成功する」という表現を使います。

難しく考えず「楽しい/上手くいく」のニュアンスで使ってください。

何かに取り組んでいた後に「j’ai réussi!」というと「やった!出来た!」というニュアンスになります。

C’est énorme !!

énorme 」は「並外れた/巨大な」という意味の形容詞です。

C’est énorme !」は話言葉で「もの凄いの!」と強調して伝えたいときに使ってみてくださいね。

フランス菓子の特徴

【バター&砂糖たっぷり】

日本の洋菓子はふんわりとした口当たりの軽いのが多いですよね。

ところがフランスのお菓子はバターたっぷり&砂糖もたっぷり濃厚な重たい風味のものが多いのが特徴です。

初めてフランスでケーキを食べる人は、女性でもその甘さと濃厚さに1つを食べ切れないことも。

【カスタードの差】

日本のカスタードは口ですっと溶けるような軟らかさの物が主流です。

フランス式カスタードは小麦粉が多く、もったり&どっしりしています。

フランスで日本人の口に合うシュークリームを探すのは、実はかなり難しいんですよ。

その代わりカスタード入りのフルーツタルトなどは、濃厚な風味でどこのお店でもそれなりに美味しいものが手に入ります。

【フランス人から見た日本の洋菓子】

がっつりとインパクトのある甘さに慣れているフランス人は、日本風のお菓子を食べると、その軽やかさにびっくり。

ヘルシー志向の現代ではフランス人の味覚も変わってきているようで、軽い味わいのケーキも見かけられるようになってきています。

パン屋で売っているケーキ類は、びっくりの甘さの物が多いので要注意です!

フランス風ムース・オ・ショコラの作り方

フランスの昔風のレシピではバターが入るのが特徴です。

ねっとりと濃厚な美味しさを堪能できるレシピをご紹介します。

有塩バターで作っても、また違った美味しさが楽しめます。

材料

100g de chocolat noir

ブラックチョコレート 100g

50g de beurre

バター 50g

3 oeufs

卵 3個

1 c.à.s de sucre

砂糖 大さじ1

作り方

1 Faites fondre le chocolat et le beurre au bain-marie

チョコレートとバターを湯煎で溶かす

2  Incorporez les jaunes un à un au mélange au chocolat.

卵黄を1つずつチョコレートに加え混ぜる

3 Montez les blancs en neige avec une pincée de sel puis ajoutez le sucre

塩1つまみを加えた卵黄を泡立て、砂糖を加え泡立てる

4 Prélevez une cuillerée de blanc et incorporez-la au fouet au mélange au chocolat

チョコレート液に1匙のメレンゲを加え泡だて器でまぜる

5 Versez celui-ci en filet sur les blancs montés en incorporant délicatement les deux préparations à la spatule.

メレンゲに4を加えながらヘラで優しく混ぜる

6 Répartissez la mousse dans des petites verrines, et placez 1 heure au moins au réfrigérateur.

小さなガラスの器に注ぎ入れ、冷蔵庫で1時間以上冷やす

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP