フランス旅行・観光

フランスのロワール川沿いの古城②おすすめのお城6選

ロワール川沿いの古城は数多くあるため、どこに訪れようか悩んでしまいますよね。今回は優先して行きたいお城を紹介します。

おすすめロワールの古城6選

人によってどんなお城を観光したいかは違い、それによってどの古城がおすすめかは違ってしまいます。

そこで今回はフランスのロワール川古城の公式サイトがおすすめしているランキングから、上位1~6位をご紹介します。

Châteaux de la Loire 公式サイト

Château de Chenonceau

Château de Chenonceau」は「sur le Cher」つまり「シェール川の上」にまたがるように建てられた優美な古城。ユネスコにも登録されています。

Henri II」の愛妾であった 「Diane de Poitiers」や正妻の「Catherine de Médicis」など、6代にわたる城主が女性であったため「Château des Dames 貴婦人たちの城」と呼ばれています。日本では「6人の奥方たちの城」と呼ばれることも多いですね。

お城だけでなく3つの庭も見ごたえがあるので、時間に余裕をもってゆっくりと散策するのがおすすめです。

Château de Chenonceau 公式サイト

Château de Chambord

ロワール川沿いの古城の中で一番訪問者が多いのが「Château de Chambord」です。「 François 1er」の命によって建てられました。

Léonard de Vinci」の影響を受けたルネッサンス様式の古城の見どころの一つは「escalier à doubles révolutions 二重のらせん階段」です。お城のホールの中心にあり、どの入り口から入っても一番に目に入るこの階段は、まさにお城のシンボルともいえるでしょう。

Château de Chambord 公式サイト

Château de Villandry

Château de Villandry」はお城よりも、幾何学模様が美しい「jardin à la française フランス式庭園」が有名です。

お城から一番近い部分には愛がテーマになっていて 「 jardins d’Amour 愛の庭園」と呼ばれています。

そして「Le Potager 菜園」も見どころの一つ。9つの正方形の区画に分かれていますが、それぞれが違う野菜、違う形のシンメトリックになっていて、菜園というイメージを覆す美しい「jardin à la française」です。

Château de Villandry 公式サイト

Château de Blois

Château de Blois」は「château royal 王城」と呼ばれる通り、13世紀から17世紀にかけてフランス王家の中心地となった古城です。7人のフランスの王と10人の王妃が居城しました。

有名な中庭の「escalier à vis 螺旋階段」だけでなく、 ロワールの古城の中でも最大の城内展示コレクションや、テラスから臨む「la Loire ロワール川」や旧市街の街並みも見ごたえがあります。

Château de Chenonceau」や「Château de Chambord」のように森に囲まれているのではなく、街の中にありパリから電車のみでアクセスできるので、比較的訪れやすいお城の一つです。

Château de Blois 公式サイト

Château du Rivau 

Château du Rivau」は13世紀の「forteresse 要塞」を改修したこじんまりとした古城です。

このお城も庭園が有名で、「Château de Chenonceau」や「Château de Villandry」と同様に「フランス文化省の「Jardin Remarquable 素晴らしい庭園」にも登録されています。

ロワールの古城の「jardin」といえばシンメトリックな「jardin à la française」が主流の中、こちらは自然主義の庭園です。

contes de fées おとぎ話」がテーマ。14つの「jardin」がそれぞれ違う中世の伝説をテーマに作られています。

Château du Rivau」は宿泊もできます。ルネサンス期の著名人をテーマにした部屋に宿泊して、領主気分を味わってみるのも楽しそうですね。

Château du Rivau 公式サイト

Château de Brézé 

Château de Brézé」はブドウ畑に囲まれた、フランスでも最古の建築物の一つに数えられる古城です。 

このお城の特徴は「Un château sous un château」、つまり「1つのお城の下にもう一つのお城がある」ということ。16世紀~19世紀にかけて改築・改修された現在のお城の下に、5世紀~17世紀に渡り作られた地下道や部屋が存在しています。

またヨーロッパ最大の空堀も見どころの一つです。

Château de Brézé  公式サイト

まとめ

フランスのロワール川沿いの古城を6つご紹介しました。

日本でも有名なものから、あまり有名でないものまでありますが、公式サイトがおすすめするランキングなのでハズレはなさそうです。

実際に全ては廻るのは大変ですが、公式サイトを眺めるだけでも楽しいもの。フランス語の勉強にもなるので、ぜひ覗いてみてくださいね。

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

フランスのロワール川沿いの古城①お城への行き方前のページ

フランスの夜間外出禁止令次のページ

新着フランス語レッスン

PAGE TOP