フランスの日常生活

フランスの信号

信号機の色は赤・黄・青と思っていたら、フランスにきてビックリ!実はフランスの信号機の色は日本と違うのです。

今回はそんなフランスの信号機と、横断歩道事情を覗いてみましょう。

フランスの信号の色

今日の花子さんは、マリーさんの運転のナビゲーションしているようです。

会話

Hanako: Tu vois le feu bleu? Tu tourne là-bas à droite.

青信号が見える?あそこを右に曲がってね。

Marie: Le feu bleu? Tu veux dire le feu vert?

青信号?緑信号の事?

Hanako: Oh, pardon. Oui, le feu vert.

あら、ごめんなさい。そう。緑信号ね。

Au Japon, on dit “bleu”, non pas “vert”. 

日本だと緑ではなく、青っていうの。

Marie: En France, les couleurs de feu sont rouge, orange, et vert.

フランスでは、信号機の色は赤・オレンジ・緑よ。

Hanako: Au lieu de orange, on dit “jeune” au Japon.

日本でオレンジは黄色っていうのよ。

Marie: Donc chez vous, le feu est rouge, jaune, et bleu?

つまりあなたの所では、信号機は赤・黄・青?

Hanako: C’est ça. Depuis longtemps que je vis en France, mais j’ai du mal à dire le feu vert et le feu orange…

その通り。もう長いことフランスに住んでるけど、緑信号やオレンジ信号ってなかなか言えないのよね。

Marie: ça va aller avec le temps. C’est une question d’habitude.

時間が解決してくれるわよ。習慣の問題だから。

Hanako: Attention! Il y a quelqu’un au passage piéton!

気を付けて!横断歩道に誰かいるわ。

Marie: J’ai eu peur. Pourtant le feu est bien vert!

怖かった…でも信号は緑なのに!

Hanko: Il faut vraiment faire attention, car en France, peu de gens respectent le feu.

本当に気を付けなくてはね。フランスでは信号を守る人って少ないんだから。

ポイント

feu

feu」は「火」の意味でよく使われますが、「信号」の意味もあります。

そして会話にも登場しましたが、フランスの信号の色は「rouge 赤」「orange オレンジ」「vert 緑」の3色です。

赤信号は同じですが、黄信号が「orange」、青信号が「vert」と違いがあります。

頭ではわかっていても、うっかり「feu bleu」などと口にしがちなので、道案内をするときは気を付けてくださいね。

ちなみにフランスには「Feu Vert」という名前の、全国展開している自動車関係のお店があります。

お店の名前であることを知らないと「Je vais à Feu Vert. Feu Vert(青信号)に行く。」と言われても、いったいどこへ行くのだろうと思ってしまいそうですね。

passage piéton

passage」は「通行」、「piéton」は「歩行者」、「passage piéton」は「横断歩道」のことです。

フランス人は信号を守らない?

フランス人は信号を守る人が少ないといわれています。「feu rouge」待ちの歩行者は、車の切れ目を見逃すまいと、みんな左右をキョロキョロ。

passage piéton」が「feu rouge」でも、車が途切れるとみんなどんどん渡ってしまいます。

feu rouge」だからと車が通らなくても立ち止まっていると、何してるの?という感じで見られたりすることもあります。それほど信号を守る人が少ないということなんですね。

フランスで車を運転するときは、信号を守るのは当然ですが、車道が青信号でも歩行者に十分注意するようにしてください。

歩行者として「feu rouge」の「passage piéton」を渡る場合も、当然十分に注意が必要です。
フランス人は自分がいけそうだと思ったら、車が来ていてもササっと渡ってしまいます。

周りにつられて渡ろうとすると、ギリギリで車が通過して怖い思いをするだけでなく、車にひかれてしまうかもしれません。

本当に車が来ていないか、自分でしっかり確認するようにしてくださいね。

横断歩道以外も要注意

車を運転していて注意が必要なのは、横断歩道だけではありません。

フランス人は横断歩道ではない道の途中でも、車が途切れるとどんどん渡っていきます。

細い道はもちろん、大通りでも時々そんな人を見かけるので、大通りだし~と安心して運転していると、ヒヤッとする場面に遭遇してしまうかもしれません。

まとめ

日本にも信号を守らない「piéton」は沢山いますが、フランス人はもっと信号を守らないと思って運転すると、事故を起こす確率が減らせそうです。

feu vert」でも、「passage piéton」が無いところでも、フランス人の「piéton」には重々ご注意くださいね。

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

車トラブルに関するフランス語前のページ

フランスの教習所次のページ

新着フランス語レッスン

PAGE TOP