文化・習慣

フランスの夏の困ること①蚊

フランスには様々な魅了がありますが、困ることや日本と比べて不便に感じる面も当然ながら存在します。

そんなフランスの “夏の困ること”を覗いてみましょう。

夏の夜の侵入者

今日のマリーさんと花子さんは、花子さんの家でディナーを楽しんでいるようですが…

会話

Marie : Est-ce que je peux ouvrir la fenêtre ?

窓を開けても良い?

Comme j’ai bu du vin, j’ai un peu chaud.

ワインを飲んだから、ちょっと暑くなってきたわ。

Hanako : Oui, mais tu peux fermer la moustiquaire s’il te plaît.

ええ、でも網戸を閉めてね。

Il y a un fil qui pend par le haut, tu peux le tirer.

上から垂れている紐があるでしょ、それを引っ張ってね。

Marie : Ah, c’est super ! Tu l’as fait installer ?

まあ、良いわね!付けたの?

Hanako : Oui, je ne supporte pas d’avoir des moustiques chez moi, surtout pendant la nuit.

ええ、家に蚊がいるのって我慢できないのよ。特に夜はね。

Mon premier été en France, j’ai passé plusieurs nuits blanches à cause d’eux.

フランスで過ごす初めての夏には、彼らのせいで幾晩も眠れない夜を過ごしたわ。

Marie : Tu n’as pas utilisé de produit anti-moustiques ?

蚊よけの製品を使わなかったの?

Hanako : Je n’aime pas utiliser les produits chimiques, et je ne savais pas trop quoi choisir à l’époque.

化学製品を使うのって好きじゃないのよ。それにあの頃は、どれを選んで良いか良くわからなかったし。

Marie : En tout cas, maintenant, le problème est réglé grâce à ta moustiquaire !

まあ、今は網戸のおかげで問題は解決ね!

ポイント

passer une nuit blanche

 「nuit blanche」は直訳すると「白い夜」つまり「白夜」ですが、日常生活では「眠れない夜・徹夜」の意味でよく使われます。

passer une nuit blanche」は「眠れない夜を過ごす」ですね。

もう一つ「nuit blanche」は夜中に開催されるイベントの名称としても使われます。

有名なものでは、10月第一週の土曜日の夜から日曜日の朝にかけてパリで開催される「nuit blanche」がありますね。

この夜はパリの中心のいたるところがライトアップされ、いつもと違ったパリの表情が楽しめますよ。

à l’époque

époque」は「時代・時期」の意味です。歴史上の時代を表すほか、個人的な時期を表すのにも使えます。

花子さんが文中で使っていた「à l’époque」は「あの頃」の意味ですね。あの頃ってどの頃かと言えば「mon premier été en France フランスでの初めての夏」です。

詳しく表現するなら関係代名詞「」を使い「à l’époque où j’ai passé mon premier été en France  初めてフランスで夏を過ごした頃」となります。

フランスの蚊事情

moustique

日本の家の窓には網戸が付いているのがスタンダードではないでしょうか。そのため開け閉めに気をつけていれば、家の中で蚊に悩まされることはありませんよね。

ところがフランスの窓には、網戸がないのがスタンダード。夏の夜に窓を開けると、蚊やハエに悩まされることになります。

produit anti-moustiques

蚊除けのための製品

diffuseur électrique liquide anti-moustiques

コンセントに差し込む蚊避け

フランスでメジャーな家庭での蚊対策としては、コンセントに差し込むイプのもの。中に入っている液体が揮発し、蚊を呼び寄せ退治してくれます。

électrique 電気」の「diffuseur ディフューザー」で、「 liquide 液体」の「anti-moustiques 虫除け」、なんとも捻りのない名前ですね。

spray anti-moustique

スプレーの蚊避け

こちらも捻りのない名前で「spray スプレー」タイプの虫除けです。

体に吹き付けて使うタイプのものと、窓枠などに拭きつけて蚊の侵入を防ぐタイプがあります。

窓に吹き付けるタイプのものは、「barrière 柵・障害物」や「répulsif 防虫剤」と書いてあることが多いので、体用との使い分けには気をつけてくださいね。

encens insecticide

蚊取線香

あまりフランスでは使われませんが、蚊取線香も存在しています。

encens」は「線香」、「insecticide」は「殺虫の」の意味。「encens anti-moustique」でもOKです。

渦巻き型より小さい三角錐や棒状をしているものがほとんどで、蚊遣り豚の代わりに小皿等において使われます。

moustiquaire

蚊帳・網戸

さて日本の蚊対策には大活躍な窓に設置されている「moustiquaire」ですが、フランスではあまり見かけることはありません。

一般的にフランスで「moustiquaire」と言うと、ベッドの上につるす蚊帳を指すことが多いようです。

でもこれだと寝ているとき以外には、家の中でもかの被害にあってしまうので、暑くても窓を開けるのをためらってしまいますよね。

そんな不便さにフランス人も気が付きつつあるのか、窓枠に取り付ける網戸を見かけるようになってきました。

ただ残念なのが「moustiquaire」をつけると、せっかくのおしゃれな両開きの窓が、一気にダサくなってしまうことでしょうか…。

【フランスの網戸のタイプ】

タイプは「rideau カーテン」「enrouleur ロール式(ロールスクリーンと同じようなシステム)」などが一般的です。

フランスの窓は両開きのものが多いので、日本のようなスライド式の「moustiquaire」は一般的ではないようですよ。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP