フランスグルメ・食文化

フランスの秋の味①きのこ

秋が旬の食べ物といえばきのこ!普段は「champignon de Paris マッシュルーム」がきのこ代表を務めるフランスですが、秋には何種類ものきのこが売り場に並びます。 

そして森や林へきのこ狩りに行く人も多いんですよ。

きのこ狩りへのお誘い

マリーさんからきのこ狩りのお誘いをうけた花子さん、とっても嬉しいのですが、心配事があるようです。

会話

Marie : Si tu n’as rien de prévu ce week-end, tu viens cueillir des champignons avec nous ?

この週末に予定がなかったら、きのこ狩りに一緒に行かない?

Hanako : Ouah ! Merci, je viens avec grand plaisir !

うわぁ!ありがとう、喜んでご一緒するわ。

Qu’est ce que l’on peut cueillir ?

どんなきのこを採ることができるの?

Marie : J’espère trouver des cèpes, mais on verra.

セップ茸を見つけれたらいいのだけど。どうでしょうね。

Hanako : Est-ce que tu sais bien distinguer si c’est comestible ?

あなた、食べられるきのこかどうか、きちんと見分けられるの?

J’ai peur d’être  intoxiquée par des mauvais champignons…

悪いきのこで食中毒にならないかって怖いわ。

Marie : Ne t’inquiète pas. On y va avec une personne qui connait bien.

心配しないで。とてもきのこに詳しい人と一緒に行くから。

En plus, quand on a un doute, on peut toujours compter sur le pharmacien ! 

それに、疑いがあるときは、薬剤師さんを頼ればいいんだから!

ポイント

cueillir

cueillir」は「摘む・採る」という意味です。名詞では「cueillette」、きのこ狩りやイチゴ狩りなどはこの「cueillette」を使い、「cueillette des  ~s」と表現します。

distinguer

distinguer」は「見分ける・区別する」などを意味します。

きのこ狩りは、なんといってもきのこの種類の見分けが肝心!もしきのこ狩りに行く機会があれば、自己判断せず、詳しい人にアドヴァイスを求めましょう。

フランスで見かけるきのこの種類

フランスで一年中見かけるきのこ代表といえば、パリという名のついた「champignon de Paris マッシュルーム」 です。

近年では「siitake しいたけ」や「pleurote ヒラタケ」といった日本でおなじみのきのこも、一年中スーパーなどで手軽に買えるようにもなっています。

そんなフランスのきのこ事情ですが、やはり秋のきのこ達は香り高く、別格の美味しさで人気です。

有名なものでは「cèpe セップタケ」「trompette de la mort クロラッパタケ」「girolle アンズタケ」「pied de mouton シロカノシタ」など。

年中流通しているきのこより値段は高いですが、季節物ですし秋にフランス旅行をするならぜひ味わってみてくださいね。

フランスできのこ狩り

ピクニック気分できのこ狩りへ

さて秋のきのこは美味しいけど高い。ではフランス人はどうするのかといえば、自分たちで森や林にきのこ狩りに行ってしまいます。

収穫用にかごを持ち、ピクニック気分できのこを探しにいく人も多いようです。

毎年きのこ狩りをする人たちは、以前に収穫できた場所を覚えており、人には秘密にしておきたい収穫ポイントがあるそうですよ。

もちろん初心者の場合、自力で見つけるのはなかなかに難しいものです。詳しい知人にガイドをお願いできれば心強いですね。

ハイキングのアソシエーションなどがきのこ狩りを計画していたりもするので、申し込んでみるのもいいでしょう。

食べられるかの見分け方

きのこ狩りの一番の心配は「comestible 食べられる」かどうか、ではないでしょうか。

きのこ狩りが盛んなフランスでは、毎年きのこ中毒になる人がいるようで、秋になるとニュースで注意を呼びかけています。

とはいえ、きのこにはたくさんの種類があり、姿が似ているものだらけ。一般人には見分けるのが難しいですよね。

そんな時に頼れるのが薬局にいる薬剤師さんです。収穫したきのこを持っていくと、そのきのこが「comestible」かどうかを見分けてもらえます。

ただ薬局は日曜日がお休みなので、週末にきのこ狩りにいったなら、すぐに食べられないのが残念…。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP