フランス食べ物

フランスの秋の味②栗

フランスの秋冬の風物詩ともいえるのが「marrons chauds 焼き栗」のお店です。香ばしい香りに引かれて、お腹がすいてしまいますよね。

そんな「marron」ですが、実は食用の栗ではないってご存知ですか?

パリで栗拾い?

今日の花子さんとマリーさんは、秋の街を散策中。ふと足元を見ると落ちていたものは…?

会話

Hanako : Ah, il y a plein de marrons par terre.

あ、マロンがたくさん地面に落ちているわ。

Tu peux m’attendre un peu ? Je voudrais les ramasser.

ちょっと待っていてくれる?マロンを拾いたいわ。

Marie : Je peux t’attendre, mais qu’est-ce que tu fais avec ces marrons ?

待つのはいいけど、マロンで何をするの?

Hanako : Bien sûr que je les cuisine!

もちろん料理するのよ!

Marie : Attends un peu, je crois que tu confonds les marrons avec les châtaignes.

ちょっと待って。あなたマロンとシャテーニュを混同しているでしょう。

Ces marrons ne sont pas comestibles. Les marrons qu’on mange, ce sont les châtaignes.

このマロンは食べられないわよ。私たちが食べているマロンは、シャテーニュよ。

Hanako : Ah bon ? Mais on mange des marrons, n’est ce pas ?

え、そうなの?でもマロンを食べているわよね?

Les marrons chauds, le marron glacé,  la crème de marron, etc. 

焼き栗にマロングラッセ、マロンクリームとか。

Marie : Oui, tu as raison.

ええ、その通りよ。

Cependant, les marrons qu’il s’agit ne sont pas des marrons, mais la châtaigne qui est le fruit du châtaignier .

でもね、それらのマロンはマロンじゃないの。シャテーニュというシャテニエ(栗の木)の実なのよ。

ポイント

par terre

par terre」は「地面に」という意味です。公園にはクルミやノワゼットの木が植わっていることもあり、秋になると拾い集めているフランス人をよく見かけます。

confondre A avec B

confondre」は「混同する・間違える」という意味。「AとBを間違える」は「avec」を使い「confondre A avec B」と表現します。

マロンとシャテーニュ

マロン

フランス語で「栗」といいたいとき、まず思い浮かべる単語は「marron マロン」ではないでしょうか。

marron glacé マロングラッセ」や「crème de marron マロンクリーム」など、お菓子の名前でおなじみですよね。

パリの街路樹に良く使われている「marronnier マロニエ」をマロンの木、つまり栗の木と思っている人も多いのでは?

日本の秋には銀杏拾いをしたりしますが、パリでは栗拾いができるのか…なんてうらやましく思ってしまいますよね。

とことがこの「marronnier」ですが正式には「marronnier d’inde」といい、実は栗の木ではなく「トチの木」のこと。

この木から採れる「marrond’inde)」は有毒で、食用ではなかったんです!拾っても食べられないのが残念…。

シャテーニュ

では食べられる「栗」はフランス語でなんというのかというと「châtaigne」です。そして「châtaigne」が採れる木は「châtaignier」と呼びます。

栗というとマロンという呼び方のほうが馴染みがあるので、変な感じがしてしまいますね。

マロンと呼ばれるシャテーニュ

「栗=châtaigne」が基本ですが、紛らわしいことに「châtaigne」を「marron」と呼ぶことも多々あります。

どんな場合に「châtaigne」なのに「marron」の呼び名が使われるかというと、大きく立派な「châtaigne」のことを「marron」と呼ぶようです。

marron glacé」などが当てはまります。

もう1つは栗の加工品の場合です。小ぶりな「châtaigne」を加工した「crème de marron」などがそうですね。

生の栗の場合で「marron」とあれば大きい栗、「châtaigne」とあれば小さい栗の場合が多いようです。

どれも「marron」と呼ばれてもあくまで「châtaigne」です。「marronnier」から採れる実ではないので、間違えないように気を付けたいですね。

まずは無料体験レッスンで、先生の人柄やレッスン内容を体験してください。
フランス語先生を検索
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
業界トップクラスの豊富な先生陣/先生数が多いので、あなたにピッタリの先生がきっと見つかります。
  • フランス語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができるフランス語教室です。
  • エスパでは、幅広い年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせてフランス語先生を探せます。
フランス語先生を検索

フランスの秋の味①きのこ前のページ

フランスの秋の味③ジビエ次のページ

関連記事

  1. フランス食べ物

    フランスのウェブサイトでレストランのメニューを確認

    ジュリエットとクレマンは新しいレストランに行きます。メニューがウェブサ…

  2. フランス食べ物

    フランスのサンドイッチの種類

    フランス人のテイクアウトの定番はサンドイッチ。食べながら歩いている人…

  3. フランス食べ物

    フランスの食パン

    フランスのバゲットは安くて美味しいですが、フランスに住んでいると、時…

  4. フランス食べ物

    フランスの豆腐

    豆腐といえば日本や中国の食材ですが、実はフランスでも手軽に買うことが…

  5. フランス食べ物

    フランスの鉄板焼き「Plancha」

    鉄板焼きというと日本の料理というイメージですが、実はフランスでも鉄板…

  6. フランス食べ物

    フランスの冬野菜「アンディーヴ」

    アンディーヴと聞いて思い浮かべるのはいったいどんな野菜でしょうか。実…

  1. フランス語会話勉強

    フランス語のドキュメントを確認
  2. フランス語会話勉強

    フランスで引っ越しの準備
  3. フランス語会話勉強

    フランス警察署にて落し物を発見
  4. フランス旅行・観光

    知っておきたいパリのメトロのアナウンス
  5. フランス旅行・観光

    フランスのギャラリーで芸術鑑賞
PAGE TOP