フランス人

フランス人の仕事着

日本で仕事着といって思い浮かぶのは、まずスーツですよね。ところがフランスではスーツを着ている人をあまり見かけません。

では一体フランス人はどんな格好で仕事をしているのでしょうか?

仕事に必要な服

今日の花子さんとマリーさんは紳士服売り場でショッピング中。忙しくて時間がない花子さんの夫の服を選びに来ているようです。

会話

Marie : Quel type de vêtement qu’il faut acheter pour ton mari?

ご主人にどんな服を買う必要があるのかしら?

Hanako : Il lui faut quelques chemises pour aller au travail.

仕事に行くためのワイシャツが何枚か必要だわ。

Maris : Ok, donc, pas d’habits décontractés.

Ok、じゃあ、カジュアルな服はだめなのね。

Hanako : Non. Il s’habille tous les jours en costume et en cravate. C’est  le style « salarié japonais ».

そうね。彼は毎日スーツにネクタイを着けているの。「日本のサラリーマン」スタイルよ。

Marie : Je vois. Par contre, les français s’habillent souvent beaucoup plus décontractés que vous.

なるほど。反対に、フランス人は普通、あなた達よりもっとカジュアルな格好をしているわ。

Hanako : C’est vrai. Il n’y a pas beaucoup d’hommes en costume à Paris.

そうね。スーツ姿の人はパリにあまりいないわね。

J’étais un peu surprise en arrivant en France, car les fonctionnaires ne le portent pas non plus…

フランスに来た頃、少しびっくりしたのよ、だって公務員の人たちもスーツを着ていないのだもの。

Marie : Mon mari n’en a même pas un. Il n’a que quelques vestes, c’est tout.

私の夫はスーツなんて1着も持っていないわ。ジャケットを何枚か持っているけど、それだけよ。

Hanako : Les femmes aussi, parfois, je suis étonnée de leur façon de s’habiller au travail.

女性もよ。時々、彼女たちの仕事場での服の選び方にびっくりさせられるわ。

Marie : A bon ? Pourquoi ?

あら、そう?どうして?

Hanako : Bah, il y a des femmes qui s’habillent trop sexy à mes yeux,  pour aller au travail.

だって、仕事にいくにはセクシーすぎると思える格好をした人もいるのだもの。

ポイント

habits décontractés

habit」は「服」、「décontracté」は「くつろいだ・自然な」という意味です。「habits décontractés」は、くつろいだ時に着る服という意味で、つまり「カジュアルな服」となります。

décontractés」の反対は「contracté」で、「緊縮した・緊張した」の意味。カジュアル服の反対の意味としては使えませんのでご注意を。

costume

habits décontractés」の反対に位置するのが「costume」、そう「スーツ」です。そこに「cravate ネクタイ」も着ければ、日本人的仕事スタイルの完成ですね。

costume」は「costumé」と形容詞になると「仮装した」と、スーツとはかけ離れた意味になってしまいます。

「スーツを着た男の人」と言いたいときは「un homme en costume」と「en」を使って表現し、決して「un homme costumé 仮装をした男の人」と言ってしまわないようにしましょう。

フランス人の仕事場での服装

日本で仕事をしている人の多くは、男性ならスーツを着ていますし、女性も仕事場にふさわしいカジュアルすぎない服装を選ぶものです。

ところがフランスでは、日本と比べて仕事着が格段にカジュアル。オフィスで働く人でも、休日とほとんど変わらない格好をしている人も沢山います。

スーツは少数派

特に男性の服装は、スーツかそうでないかが一目でわかるので比較しやすいですよね。通勤時間の電車内でも、グレーや紺のスーツ一色になることはありませんし、むしろスーツのほうが少数派。

もちろん「La Défense」のようなビジネス街に行けばスーツ率は高くなりますが、やはり日本のビジネス街と比べると、スーツ率はぐんと低いものです。

そしてパリのような大都会はまだしも、地方都市に行くと、スーツを着ている男性をほとんど見かけなかったりもします。ほぼ皆スーツを着ていて、日常的に接触する機会があるのは銀行員くらいでしょうか。

役所に行っても、郵便局に行っても、はたまた子供の送り迎えに小学校へ行っても、スーツを着ている人なんて、どこにもいないのです!

仕事場での服装

スーツを着ないならどんな服を着ているのかというと、人それぞれとしか言いようがありません。

襟付きシャツにチノパンだったり、Tシャツにジーパンだったりと、職場の環境にもよりますが、きれいめカジュアルといった感じでしょう。

ジャケットを着ていても、いわゆるスーツのジャケットではなく、ウールやコットンのカジュアル目なものが多いようです。

女性の服装

女性の服装は男性よりも自由度が高いのは日本も同じですが、もちろん日本とフランスの違いはあります。

例えばスカートでもストッキングを穿かない・夏ならつま先の出たサンダル・冬ならブーツなど、日本のオフィスではNGである格好もよく見かける点でしょうか。

カラフルな髪の色の人もいたりして、日本ならファッション関係か音楽関係、はたまた夜の仕事でしか無理そうだなぁと思ってしまいます。

ちなみに、日本人の目から見るとかなりセクシーな格好をしている人もいて、目のやり場に困ってしまうことも。

自由を愛するフランス人は、どうやら仕事着も自由に選ぶのがモットーなようです。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP