フランスグルメ・食文化

フランス人はステーキがお好き

フランスは美食の国ですが、シンプル料理のステーキも大人気。ところがステーキにもフランスには種類があるってご存知ですか?

今回はそんなフランスのステーキ事情を覗いてみましょう。

ステーキかタルタルステーキか…

今日の花子さんとマリーさんはレストランでランチタイム。いったい何を注文するのでしょうか?

会話

Marie : Hum, qu’est- ce que je vais choisir… Une entrecôte ou un steak tartare…

何にしようかしら…アントルコートかタルタルステーキか…   

Hanako : Tu es sûr ? Tu ne m’as pas dit d’avoir mangé un steak haché hier soir ?

あなた、本気?昨日ハンバーグを食べたって言ってなかったけ?

Marie : Si je t’avais dit ça. Mais j’adore la viande rouge !

ええ、言ったわね。でも赤身のお肉が大好きなのよ! 

Hanako : La dernière fois qu’on a déjeuné ensemble, tu as commandé un hamburger.

前回、一緒にランチしたときはハンバーガーを注文していたわね。   

Je m’inquiète si un jour tu tomberais malade à cause de ça.

あなたがいつかお肉のせいで病気にならないか心配だわ。 

Marie : Ok, comme tu t’inquiètes pour moi, je prendrai une salade à la place des frites.

分かったわよ。あなたが心配するから、フライドポテトの代わりにサラダを頼むわ。

ポイント

viande rouge

viande」は「肉」、「rouge」は「赤い」。ということで「viande rouge」とは「赤身の肉」全般を指します。

bœuf 牛」「cheval 馬」「agneau 子羊」などですね。

porc 豚」は「viande blanche 白身の肉」に分類され、赤身の部分も「viande rouge」とは呼ばないので注意してくださいね。

ステーキの種類

steak ステーキ」というと思い浮かぶのは、塊肉を厚目に切ってフライパンなどで表面を焼いたものではないでしょうか。

ところがフランスには「steak」といえど種類は1つではないのです。

steak

普通に「steak」というと、日本語でいうところの「ステーキ」と同じものを指します。

焼き加減についてはこちらをご覧くださいね。

steak tartare

steak tartare」は「タルタルステーキ」、生の牛肉を細かく切って楕円形などに成型したもの。

tartare」は「sauce tartareタルタルソース」の「tartare」と同じ単語で、材料を細かく切った料理に使われる表現です。

steak tartare」には、生の卵黄やピクルス・生玉ネギをみじん切りにしたものが添えられています。

そこに好みでソース・マスタード・ケチャップなどで味付けをし、全てを混ぜていただきます。

ユッケと同じような食べ物ですが、最後の味付けを自分でするのが大きな違いといえますね。

steak haché

steak haché」の「haché」は「細かく刻んだ」という意味。つまりは「ハンバーグ」のことですが、日本のハンバーグとは全くの別物です。

つなぎは無しで牛肉100%、選べるのは牛肉と豚肉の割合ではなく、赤身と脂身の割合です。

スーパーで成形されパックになって並んでいるものには、脂肪分が20%・15%・5%など(脂が多いほど安い)。

お肉屋さんで購入する場合は、ほぼ脂肪なしの「steak haché」を注文を受けてからミンチにして成形してくれます。

子供が大好きなメニューNo1といっても過言ではないのがこの「steak haché」。簡単・早い・安い、と三拍子そろって、フランス人の食卓に並ぶ機会の多いステーキです。

ちなみに「viande haché」というと「ひき肉」のこと。お肉屋さんで購入するときに間違ってしまうと、普通のひき肉を渡されてしまいますよ。

フランス人の好きなステーキ

日本で人気なのは柔らかく筋張っていない部位ですよね。反対にフランスで人気なのは柔らかすぎず噛み応えのある部位です。

柔らかくてすっとなくなってしまうようなステーキより、噛めば噛むほど味わい深いステーキがフランス式。

日本の柔らかいステーキに慣れている方は、初フランスステーキの噛み応えにちょっとびっくりするかもしれません。

とはいえ日本の高級牛が輸入され、グルメたちの注目を集めています。フランス人の嗜好も変わってきているのかもしれませんね。

まとめ

フランスのステーキはレストランやカフェのメニューの人気者。フランスの国民食ともいえる「steak frits ステーキとフライドポテト」、ぜひフランスで召し上がってくださいね。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP