フランスの日常生活

フランス語でそのまま使われる日本語①食べ物編

自国の言語にこだわりがあり、外来語をそのまま使うことが少ないのがフランス。

ところが日本の食べ物の中には、そのままの名称で愛されているものもあるんですよ。

レストラン 寿司・焼き鳥

フランスで日本料理といえば「寿司・焼き鳥」。外国の料理にそれほど関心のない人でも知っているほどポピュラーな日本語です。

会話

Marie : Est-ce que tu veux aller déjeuner au restaurant avec moi?

一緒にレストランへランチに行かない?

J’ai envie de manger des sushis !

お寿司が食べたいわ!

Hanako : Euh…

う~ん…

Marie : Tu n’aimes pas les sushis ?

お寿司は嫌い?

J’ai trouvé un bon restaurant japonais, proche de la station de métro.

地下鉄の駅の近くに、おいしい日本料理のレストランを見つけたのよ。

Hanako : C’est un restau avec des yakitoris ou pas ?

それって焼き鳥も食べられるところ?

Marie : Bien sûr. Je les aime autant que les sushis.

もちろん。焼き鳥もお寿司も同じくらい好きだわ。

Hanako : En fait, j’ai plutôt envie de manger des tempuras aujourd’hui.

えっと、今日はむしろ天ぷらが食べたい気分かも。

On peut peut-être essayer la formule déjeuner en forme du bento d’un autre restaurant ?

違うレストランの、お弁当に入ったランチセットを試してみない?

ポイント

restau

restau」は「restaurant レストラン」を略した話し言葉。若者だけでなく使う人が多い単語です。

ちなみに大学の学食は「resto U(Universitaireの略)」と呼ばれ、学生なら3.25ユーロ(パリ)で前菜・メイン・デザートのランチがいただけます。

学生以外でも使用できるところが多いので(8ユーロ弱)一般的なフランスの食事内容を覗きに行ってみるのも楽しいですよ。

formule déjeuner

formule」は「書式・決まり文句」などの意味でよく使われますが「déjeuner 昼食」とセットにすると「お昼の定食」となります。

いわゆる「menu コース料理」を提供していないレストランでも、ランチタイムにはお得なセットメニューが登場するのは日本も同じですよね。

軽食を提供する「cafeteria カフェテリア」や「sandwicherie サンドイッチ屋」では、ドリンクとデザートがセットになった「formule déjeuner」を提供するお店が多いようです。

日本料理ブーム

フランス人に人気の日本食

こってり濃厚な料理からさっぱり風味の料理へと、フランス料理もヘルシー路線が人気。ダイエットに勤しむフランス人も多く、おいしければ高カロリーでもOKとは言えなくなってきています。

そんな中、日本料理はヘルシーと世界的に大人気ですよね。もちろんフランスでも寿司・焼き鳥といえば知らない人がいないほど。

他にも天ぷらやラーメン(これは日本語ではありませんが…)少し詳しい人で、そばやうどん・おにぎりなどフランス語に訳さずそのまま使われることが多い料理名があります。

実際には人気のある料理はヘルシーでない場合が多いのが残念。

分かりやすくはっきりとした味がしないと「C’est fade 味がしない」と言われてしまうので仕方がないのかもしれません。

sushi

さて一番人気はやはりお寿司ですが、単数でなく複数で「sushis」と表す場合が多いようです。フランス人に理由を聞いたところ、寿司には色々な種類があるから、と言っていました。

「シュシ」と発音されるのが普通ですが、日本通のフランス人は「スシ」と正しく発音してくれる人も居ます。

bento

そして近年増えてきているのがこの「bento 弁当」です。自宅で用意したお弁当ならヘルシーで経済的と、フランス人もその魅力に気が付いたよう。

本屋の料理コーナーにはカラフルで楽しいお弁当用のレシピ本がたくさんお目見えしています。あらステキと思って手に取ったら、日本語からの翻訳レシピ本だった、なんてこともありますよ。

人気に伴い「boîte à bento 弁当箱」も至る所で手に入るようになりました。プラスチックやシリコン製が多いので少し味気ないのが玉に瑕?

似非日本食レストランに要注意

中国?それとも日本?

会話で登場した「お寿司と焼き鳥が同時に楽しめるレストラン」はフランスの田舎町にもあるほど。

なぜかサラダが前菜として出てきたり、「酒」といって中国酒が食後にサービスされることが多いのも特徴です。

値段は手軽で、たしかに日本料理をフランスに広めるきっかけにはなったのでしょう。

間違った日本食のスタンダード

しかし日本人的には「寿司は寿司」「焼き鳥は焼き鳥」と別のお店で食べるべきものという認識がありますよね。

ところがフランス(特に地方)ではこれが日本料理のスタンダード。

日本料理が好きというフランス人を食事に招待し、焼き魚や煮物などの家庭料理を出すとがっかりされてしまうなんてことも!

日本人ならだれでも寿司を握れると勘違いしている人も多いのです。

そして寿司好きなフランス人でも、生魚はサーモンとマグロ以外はNG、なんて人がとても多いので、万が一食事に招待する場合は事前確認をおすすめします。

*記事の情報は2017年1月のものです。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP