フランス語講座

フランス語で日常会話ができるレベルとは?

フランス語を勉強している人の最初の目標といえば、まず「日常会話ができるようになること」。でもそのレベルに到達するまでに、どのくらいの勉強時間が必要なのか疑問に思っていませんか?

今回はそんな勉強時間の目安や、早く上達するコツをご紹介します。

DELFの目安学習時間

旅行に行くにしても、留学するにしても、フランス語で最低限の意思疎通ができるレベルまで日本で勉強しておくと心強いものです。

では実際に簡単な意思疎通や日常会話ができるようになるまでには、どのくらい勉強しなくちゃいけないのだろう…とフランス語を勉強し始めると疑問に思いますよね。

日本だけでなくフランスでもポピュラーなフランス語の試験「DELF」では、受験者の学習時間の目安を下記のように紹介しています。

  • DELF A1 入門 60~100時間
  • DELF A2 初級 150~200時間
  • DELF B1 中級 350~400時間
  • DELF B2 上級 550~650時間
  • DALF C1 自主的運用 800~950時間
  • DALF C2 熟練 1000時間

【コミュニケーションを取れるレベル】

入門~初級レベルだと、なんとか自分の言いたいことは伝えられる。でも難しいことやニュアンスなどを伝えるのは無理、というレベルです。

フランス短期旅行などでトラブルに見舞われなければ、このレベルでも十分にコミュニケーションが取れるでしょう。

そしてなんとか言いたいことは伝えられても、相手の返事が分からず困ってしまうなんてシチュエーションにも陥りがちです。

それでもなんとかコミュニケーションが取れるというこのレベルに到達するには、DELFだと初級のA2合格レベルでしょうか。つまり約200時間ほどの勉強が必要というわけです。

このレベルに達するには、週に4時間フランス語をしたとして、50週、約1年ほどのの期間が必要とされています。

【日常会話ができるレベル】

日常会話でよく使われる文法を学び、フランス人と会話を楽しめるようになるのは、中級のB1を合格したレベルあたりからでしょう。相手が簡単な言い回しを使ってくれれば、しっかり意思疎通ができます。

単語や発言の意味がわからないなら質問でき、またその返事がわからなくても、何度も質問を重ねることで、相手の伝えたいことを理解できるレベルです。

このレベルに達するには約400時間の学習が必要とされています。週に4時間フランス語をしたら約2年で日常会話ができるレベルになれる、ということですね。

日常会話上達のコツ

ここまではわかりやすくテストのレベルを引き合いに出して、フランス語で日常会話ができるレベルになるまでの期間を紹介しました。

しかし実際は、たくさん勉強しても会話が苦手!テストは受かるけど会話はできない!という人も多いのも現実です。また、学習レベルは低くても、フランス人と会話が弾む人がいるのも事実です。

では会話できる人・できない人の違いはいったい何でしょうか?それは勉強方法です。

たくさん話す

フランス語で話せるようになるには、勉強するときも「聞く・話す」ということが重要です。

本だけで勉強してフランス語を口に出していなかったり、先生から習っていても生徒が大勢で発言の機会がないと、文法や単語は知っていても会話ができるようにはなりません。

とくにフランス語は日本人にとって発音が難しく、文法的に正しく話していてもフランス人には理解しづらいようです。文法を勉強するのも重要ですが、いかに多く話すかが日常会話レベルまで早く到達するためのコツといえるでしょう。

砕けた話し方を学ぶ

中級レベルになると、テレビのニュースを大体理解できるかもしれません。フランス語でニュースが分かると、上達した感があってうれしいですよね。ところがフランス人と話してみると、全然わからないなんて可能性もあります。

それは一般のフランス人は「familier」つまり「くだけた話し方」をするから。発音を省略したり、教科書には出てこない俗語を使ったりします。

これも習うより慣れろの感覚で、理解するにはいかにフランス人とたくさん会話するかが重要です。

若者向けのドラマや映画で、どんなフランス語がつかわれているかをチェックするのも日常会話の勉強になりますよ(ただし「vulgaire 下品」な表現も良く使われるので、すべて真似するのは危険!)。

まとめ

日常会話レベルのフランス語に達するには約400時間の勉強が必要とのことですが、実際にそれだけ勉強した後、話せる人になるか話せない人になるかは、勉強方法にかかっています。

テストを目標に文法や単語を頭に詰め込むのも重要ですが、フランス語で日常会話を楽しめるようになりたいのなら、片言でもフランス人とできるだけ多く会話するのが一番の近道ですよ。

※DELFのレベルによるフランス語習得度は筆者の主観です

まずは無料体験レッスンで、先生の人柄やレッスン内容を体験してください。
フランス語先生を検索
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
業界トップクラスの豊富な先生陣/先生数が多いので、あなたにピッタリの先生がきっと見つかります。
  • フランス語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができるフランス語教室です。
  • エスパでは、幅広い年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせてフランス語先生を探せます。
フランス語先生を検索

フランスの酷暑「canicule」前のページ

フランス語日常会話上達のコツ「Bonjour」次のページ

関連記事

  1. フランス語講座

    選挙に関するフランス語

    日本人はフランスに住んでいても選挙権はありませんが、フランスの選挙事…

  2. フランス語講座

    久しぶりに会った共通の友達についてフランス語で話す

    パリは日本の大都市に比べるとそれほど大きくない街ですから、外出中に友人…

  3. フランス語講座

    ゛見つける゛に当たるフランス語

    ルシーとアントワーヌは、宿題のレポートについて話しています。まずテーマ…

  4. フランス語講座

    フランス語で言う”町が変わった!”

    ポリーヌとジョナタンはテレビを見ています。番組では、ポリーヌが以前訪れ…

  5. フランス語講座

    フランスでお月見

    Bonjour, chers amis! こんにちは、みなさん。Com…

  6. フランス語講座

    フランス語動詞「Prendre」

    一つの単語で様々な意味を持つ動詞「prendre」。覚えておくととて…

  1. フランス語会話勉強

    フランスで新しいことを始める②新しい生活環境
  2. フランス旅行・観光

    フランスで鉄道旅行②電車の中での過ごし方
  3. フランス語会話勉強

    フランス語で仕事の依頼
  4. フランス語会話勉強

    フランス人のワールドカップの楽しみ方
  5. フランス食べ物

    フランス人はステーキがお好き
PAGE TOP