独学で勉強/フランス語講座F10

コミュニケーション

フランス語の新年の挨拶

新年の挨拶の定番は「あけましておめでとう」ですが、フランスではいったい何というのでしょうか?

前回の年末の挨拶に引き続き、今回はフランス語の新年の挨拶について覗いてみましょう。

あけましておめでとう

日本語の新年の挨拶は「あけましておめでとう」。「新年」や「ございます」がついたり、漢字表記にするといったバリエーションはありますが、基本的にはたった一つですよね。

ところが「あけましておめでとう」に該当するフランス語表現は一つではなく、主に下記の2つが使われます。

Bonne année !

Meilleurs  vœux !

直訳すると意味が違いますが、どちらも「あけましておめでとう」の意訳がしっくりくる表現達です。それぞれの意味を見てみましょう。

 独学で勉強/フランス語講座F10

Bonne année !

「あけましておめでとう」と同じようにフランスで新年に使われるのが「Bonne année !」という挨拶です。

bonne」は「bon」の女性形で「良い」、「année」は「年、一年」という意味。直訳だと「良い年」ですが、「良い一年を過ごせますように」という意味が込められています。

Bonne année et bonne santé !

Bonne année」の基本形に「bonne santé」をプラスした上記の挨拶も良く使われます。

santé」は「健康」という意味なので、「良い一年になり、そして健康でいられますように」になります。

Bonne et heureuse année !

heureuse」は「幸福な、幸せ」の意味。「良い、そして幸せな一年になりますように」です。

Je vous souhaite une bonne année !

良い一年になりますように!

bonne année」を文章にするときは上記のように「Je vous souhaite~ あなたの~を祈ります」を使います。

bonne année」の代わりに下記のような表現を使うこともできますよ。

  • excellente année 素晴らしい一年
  • très bonne année とても良い一年
  • très belle année  とても美しい一年

Meilleurs vœux !

meilleurs」は「最も良い」、「vœux」は「vœu 願い」の複数形で「祝いの言葉、祝意」の意味です。

この表現では省略されていますが、この「vœux」の主は発言者なので「mes meilleurs vœux 私からの最上級の祝意」をあなたに送ります、という意味になります。

この表現を文章にしたのがこちら。

Je vous présente/adresse mes meilleurs vœux.

あなたのご多幸をお祈りします。

bonne année」とは違い「présenter 示す、表示する」、「adresser 送る、言葉をかける」を使うことに注意してください。

 独学で勉強/フランス語講座F10

新年のあいさつの使い分け

Bonne année」も「Meilleurs  vœux」も日本語にすると「あけましておめでとう」がしっくりきますが、フランス語では意味が違いますね。

どちらを使えば良いか悩むかもしれませんが、どちらを使っても、また下記のように両方を重ねて使っても全く問題ありません。

Bonne année et meilleurs vœux !

Meilleurs vœux ! Je vous souhaite une bonne année !

他にも、相手の幸せを願うような言葉を好きなように連ねていくことができます。

Je vous souhaite plein de bonheur !

あなたに沢山の幸せがありますように!

Que vous avez pleins de bonnes choses !

あなたに沢山の良いことがありますように!

本年もよろしく

日本だと「あけましておめでとう」の後に「本年もよろしく」と続けることも多いですね。

しかしフランス語には「本年もよろしく」に該当する表現はありません。「よろしく」には「Merci d’avance」など、お願いごとをした後につける表現はありますが、年始の挨拶としてはふさわしくありません。

そのため、上記でご紹介したような挨拶や相手の幸せを願う言葉をかければOKです。

日本では「本年もよろしく」とお願いをするのに対して、フランスでは相手の幸せを願う言葉をかける…文化の違いは面白いですね。

まとめ

フランス語の年始の挨拶表現をご紹介しました。

カードやSNSなど文章にして送るなら他にもいろいろな表現がありますが、口頭で挨拶する場合は難しい表現はせず、シンプルな言葉で十分。

文章が覚えにくい場合は「Bonne année」「Bonne santé」「Meilleurs vœux」 の3つを押さえておけば、フランス語の新年の挨拶はばっちりです!

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

 独学で勉強/フランス語講座F10フランス語の年末の挨拶前のページ

トリコロールのフランスの国旗次のページ 独学で勉強/フランス語講座F10

新着フランス語レッスン

  1.  独学で勉強/フランス語講座F10
  2.  独学で勉強/フランス語講座F10
  3.  独学で勉強/フランス語講座F10
  4.  独学で勉強/フランス語講座F10
  5.  独学で勉強/フランス語講座F10
PAGE TOP