フランス情報

ヴァカンス中のフランスの道路交通事情

長期ヴァカンスの時期は週末になると、道路も公共交通手段も大混雑。特に2ヶ月に及ぶ夏のヴァカンス期間には、毎週末に大渋滞がフランスの至る所で起きています。

週末の車の渋滞

今日のマリーさんと花子さんは週末の予定について話し合っています。

会話

Marie : Qu’est-ce que tu fais ce week-end ?

この週末は何をするの?

Hanako : Rien de spécial. Et toi ?

特に何も無いわ。あなたは?

Marie : Moi non plus. Je voudrais aller à la maison de campagne, mais le retour au dimanche doit être très difficile comme on est en juillet.

私もよ。田舎の別荘に行きたかったのだけど、今は7月だから日曜日に帰ってくるのがとても大変そうでしょう。

Hanako : Tu as raison. D’ailleurs les prévisions de trafic routier ont annoncé de grands embouteillages pour ce week-end…

その通りね。それに交通情報の予想では、この週末は凄い渋滞だって言っていたわ。

Marie : Oui, tout le monde roule le week-end pendant les vacances.

ええ、ヴァカンスの間はみんな週末に移動するものね。

Habako : Sinon, on va ensemble à Paris plage, en attendant chacun nos vacances d’été ?

じゃあ、お互いの夏のヴァカンスの日を待ちながら、一緒にパリプラージュでも行く?

Marie : C’est une bonne idée !

いい考えね!

ポイント

prévision

prévision」は「予測・予想」の意味で「prévisions météorologiques 天気予報」のように複数形でよく使われます。

文中の「les prévisions de trafic routier」は「trafic 交通」と「routier 道路の」で、「道路交通の予測」の意味ですね。

en attendant

en+動詞の現在分詞」で「~しながら」という意味になります。

attendant」は「attendre 待つ」の過去分詞なので「en attendant」は「待ちながら」になりますね。

文中の「en attendant chacun nos vacances d’été お互いの夏のヴァカンスの日を待ちながら」は「ヴァカンスを心待ちにしながら」のニュアンスです。

夏のヴァカンス

夏の長期休暇の時期に道路が渋滞するのは日本もフランスも同じ。

ところが日本はお盆の時期がピークなのに比べ、フランスの道路は毎週末がまるでお盆であるかのような込み具合です。

学校のヴァカンスは7~8月の約2ヶ月間ですが、大人はその期間中に1~3週間の休みを取り、ヴァカンスに出発「partir en vacances」します。

長期間をヴァカンス地で過ごすためには、ホテルよりも経済的な短期賃貸物件やキャンピングが人気です。

それらは週単位での賃貸であることが多く、そのスタートは土曜日であるのが一般的。

そのため金曜日の夜から日曜日にかけて、ヴァカンスに出発組と帰宅組が一斉にフランス中を大移動するわけですね。

尚且つフランスより北に位置するベルギーやオランダなどからも、フランスを縦断し南仏へヴァカンスを過ごしに移動する(しかも車で!)人達もいるので、さらに渋滞がひどい状態になってしまうのです。

【ちょっと注意】

「ヴァカンス」と日本語で言うと、海や山などのヴァカンス地で過ごすヴァカンスを想像してしまいますよね。

フランス語の「vacance」は基本的に長期休暇の事を指します(勿論いわゆるヴァカンスの意味もありますが)。

être en vacances ヴァカンス中である=長期休暇中である」と「partir en vacances ヴァカンスに出発する」では「vacance」のニュアンスが違うので注意してください。

Bison Futé

そんなヴァカンス中の渋滞を避けたい人がチェックするのが「Bison Futé ビゾンフュテ」と呼ばれる交通情報です。

trafic routier 道路交通」に関する情報を配信している機関で、リアルタイムの交通情報から、渋滞の予測まで知ることができます。

ヴァカンス期間中はテレビのニュースなどでも「Bison Futé」の渋滞予報が報じられ、それを元にした渋滞を避けるためのアドヴァイスなども知ることができます。

渋滞予想は「circulation 交通」の困難さで4段階に分かれています。

Vert 緑⇒ circulation habituelle(いつもどおり)

Jaune 黄⇒ circulation difficile(難しい)

Rouge 赤⇒ circulation très difficile(とても難しい)

Noir 黒⇒ circulation extrêmement difficile(非常に難しい)

ちなみに一般的に「bison」は「野牛」の事なのですが「Bison Futé」の「Bison」は野牛の事ではなく、キャラクターのネイティブアメリカンの若い男性を指すようです。

ネイティブアメリカンを想像できるような、想像上の部族の名前ということで「bison」だそうですよ。

そして「Futé」は「悪賢い・ずるい」の意味ですが、ここでは「抜け目の無い」といったニュアンスですね。

フランス旅行中に車で移動することがあれば、事前に「Bison Futé」をチェックしてみてくださいね。

http://www.bison-fute.gouv.fr/index.html

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP