フランスの日常生活

不動産関係のフランス語①

アパート探しの第一歩は賃貸情報を見ることや、自分の求める部屋の条件を決めること。

今回はフランスでのアパート探しに役立つ、不動産関係のフランス語をチェックしてみましょう。

アパートの詳細

友人のためにステュディオを探しているマリーさん、花子さんの友人が所有している賃貸物件について質問しています。

会話

Marie : Il est comment l’appartement qu’il possède ?

彼の所有しているのって、どんなアパートなの?

Hanako : C’est un studio d’environ 20 mètres carrés, une kitchenette et une salle de bain avec une  douche.

大体20平方メートル位のステュディオで、簡易キッチンとシャワー室があるわ。

Marie : Un WC séparé ?

トイレは分かれてるの?

Hanako : Ça, je ne sais pas. Il faut lui demander.

それは知らないわ。彼に聞かないと。

Après, ce que je connais sur ce studio, c’est qu’il est à l’étage élevé et avec ascenseur.

後、このステュディオで分かることといえば、上のほうの階でエレベーターがあることかな。

Marie : Déjà bien. Je sais qu’elle préfère être à l’étage plutôt qu’au rez-de chaussée.

十分よ。彼女は一階より上の階の方が好きなの知ってるから。

Est-ce que Je peux te passer ses coordonnées ?

あなたに彼女の連絡先を渡して良いかしら?

Hanako : Bien sûr. Je lui dirais de contacter ton amie très prochainement.

もちろんよ。彼にあなたのお友達に早く連絡するように行っておくわ。

Elle doit déménager quand ?

いつ引越ししなきゃいけないの?

Marie : Dans un mois.

一ヵ月後よ。

Hanako : Ok. J’espère que le studio pourra lui plaire.   

わかったわ。あのステュディオが彼女の気に入れば良いわね。

ポイント

posséder

posséder」は「所有する」の意味です。アパートや物などを対象に使える単語です。

もちろん「avoir 持っている」も同じように使えますよ。

coordonnée

coordonnée」は「連絡先」の意味で「coordonnées」と複数形で使われます。

連絡先は「numéro de téléphone 電話番号」であったり「adresse 住所」「adresse e-mail メールアドレス」など様々ですが、 まるっとまとめて知りたい場合などに使ってみましょう。

ホテルやレストランなどを予約の際にも「Vos coordonnées s’il vous plaît. 連絡先をお願いします」といわれることがあります。

いまどきは携帯電話の番号を知らせるのが主流ですが、フランス旅行中などであれば、宿泊先の電話番号などでもOKです。

不動産関連のフランス語

部屋のタイプ

【studio】

いわゆるワンルームタイプのお部屋です。

【studette】

とても小さいワンルームです。とはいっても部屋として貸し出すためには最低9㎡が必要なので、それ以下ということはありません。

【appartement】

日本語にすると「アパート」になってしまうので、2階建て程度の木造建築を想像してしまいがちですが、フランス語の「Appartement」は2部屋以上&集合住宅に入っている住居の事。

ワンルームでないマンションのイメージが近いですが、建物のサイズやスタイルは関係しません。

【maison】

Maison」は「一軒家」。

日本語で「家」は一軒家以外にも「住んでいる家」つまりフランスの「studio」や「Appartement」タイプの住居に住んでいても使う場合が多いですよね。

日本語だとマンションに住んでいても「家に来ない?」などと言いますよね。ところがフランスでは「Maison」と「Appartement」はしっかり区別して使用します。

「家に来ない?」など「住んでいる所」を指したい場合は「chez moi 私の家(住んでいる所)」が便利です。

部屋の数

【F2】

F2」のような「F+数字」はそのアパートに何人住めるかを示しています。

pièce de vie 食堂やサロンなどのこと」が1部屋+寝室の数で表します。

F2」なら寝室が1部屋・食堂兼サロンが1部屋ですね。寝室が1つなのに「F2」なのはカップルを想定しているからでしょう。「F3」なら寝室が2部屋です。3人住める住居になります。

キッチンや風呂場などは部屋数に数えないのがポイントです。

【Chambre】

「寝室」の意味です。日本語の「部屋」の感覚で使うと誤解を生むので、気をつけてくださいね。

部屋の広さ

フランスでの部屋の広さは「mètre carré 平方メートル」で表します。 簡単ですね。

気をつけたいのが 「au sol 床の」という表現。

chambre de bonne 屋根裏の小部屋」や「dernier étage 最上階」の部屋だと、屋根が傾斜しており、実際に使える面積と床面積に大きな差が出ることがあります。

そんな時は「loi carrez」を知っておくと便利です。こちらは床と天井までが1.8m以下の場合「superficie habitable 居住に適した空間」と認めない、というもの。

屋根裏部屋などを見学する場合は「surface au sol 床面積」ではなく「surface loi carrez」を確認してくださいね。

階層

【Rez –de -chaussée】

「1階」を指します。「rez」は「すれすれに」、「chaussée」は「車道」の意味です。

Jardin 庭」に面した1階の場合は「rez- de jardin」という場合もあります。

【étage】

「階」の意味です。1階は「Rez –de –chaussée」なので、日本式2階を「premier étage 1階」・日本式3階を「 deuxième étage 2階」と呼ぶのに注意しましょう。  

この1階・2階などの表現の「étage」には複数の「s」は付きませんが、「5階建てのアパート」は「résidence de 5 étages」と複数形になります。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみるとしっかり覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP