コミュニケーション

何と言う?フランス語に訳しにくい日本語表現①

日本とフランスが文化が違うため、日本語にある表現でも、しっくりくるフランス語表現がないことがあります。

今回はそんな表現の中から、日常生活に欠かせない挨拶について覗いてみましょう。

行ってきます

家を出る時や仕事中に出かける時など、「行ってきます」という日本語は毎日よく使いますよね。ところがフランス語には、この「行ってきます」というような出かける時の決まり文句がありません。

出かける人がその場に残る人に使う挨拶表現は下記のようなものです。

J’y vais. 行きます / 出かけます。

Je sors à 〇〇. 〇〇へ行きます。

Je pars. 出発します。

À ce soir. また今晩。

À  tout à l’heure. また後で。

J’y vais, à ce soir. 出かけるよ、また今晩ね。 

という感じで、自分が出かけること、次いつ会うか(ce soir 今晩、tout à l’heure 後で)を伝えるのが一般的です。

その後に親しい間柄なら「Bisou キス」を加えると良いでしょう。

いってらっしゃい

「いってらっしゃい」は「行ってきます」と比べて、更にしっくりくるフランス語表現がありません。

À ce soir.」と言われたら「À ce soir.」と同じように返す、場合にによっては「Fais attention. 気を付けてね」を加えるという感じです。

ただいま

帰ってきたとき日本なら「ただいま」ですが、フランス人はなんというのでしょうか?

Je suis là. 私はここです。

C’est moi. 私です。

Je suis de retour. 戻ってきました。

Salut. やあ。

鍵を開けて入ってきて、家の中に向かって「Je suis là」「C’est moi.」と言う感じですね。

仕事場に帰ってきたときなら、部屋に入りながら「Je suis de retour.」というと、日本の「ただ今戻りました」というニュアンスに近くなります。

おかえり

では帰ってきた人に「Je suis là」や「Salut」と挨拶された時に何と答えれば良いでしょうか。

Ça été ta journée? 良い一日だった?

Ça été la réunion? 会議はどうだった?

というように「Ça été 〇〇? 良い〇〇だった?」という表現が便利です。

もちろん「Salut」と返すだけでも大丈夫です。

いただきます

食事の前の「いただきます」という表現もフランスにはありませんが「Bon appétit」という表現があります。

bon 良い」「appétit 食欲」なので、「良い食欲を=沢山召し上がれ」という感じで、自分以外の人に対して使います。

食事に感謝するというニュアンスとは違いますが、「Bon appétit」と言い合ってから食事をスタートさせましょう。

この「Bon appétit」はだれか相手に対して言う表現なので、自分一人で食事するときは時に何も言わずに食事を始めることになります。

ごちそうさまでした

フランスで食後に「ごちそうさまでした」と言いたいときは何といえばよいのでしょうか。

食事を作ってもらった人が作ってくれた人にお礼を伝えたり、食事に招待された場合に使える表現はこちらです。

Merci pour ce repas. この食事をありがとう。

C’était très bon. とても美味しかったです。

レストランなのに招待してもらった場合の「ごちそうさま」には下記の表現も使えます。

Merci pour l’invitation. ご招待をありがとう。

上記の表現は食事を作った人が使うものではないので、作った人は食後に「ごちそうさまでした」というような締めの言葉を言うことはありません。

お粗末さまでした

日本では食後の「ごちそうさまでした」に「お粗末さまでした」と返事をすることもありますが、謙遜なんてしないフランス人ですから、こんな表現もありません。

食事に対するお礼の言葉を言われた場合は、下記のように返事をすると良いでしょう。

Avec plaisir. どういたしまして。

Ça été? 大丈夫だった?

Ça te plaît? 気に入った?

Tu as bien mangé? たくさん食べた?

まとめ

「行ってきます」や「ただいま」、「いただきます」など、日本人の日常生活に欠かせない単語に該当する単語がないとなると、なんと言えば良いのか困ってしまいますよね。

特定の表現が無くても、何か言わないと気持ちが悪いという人もいることでしょう。

そんな時は日本の表現にとらわれず、フランス人が使っているような表現をどんどん取り入れてしまうのがおすすめです!

何と言う?フランス語に訳しにくい日本語表現②

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

フランス2020の大晦日前のページ

何と言う?フランス語に訳しにくい日本語表現②次のページ

新着フランス語レッスン

PAGE TOP