フランス語でお買い物

便利になりつつあるフランスの支払い方法

支払いにカードを多用するフランス人ですが、小額の支払いには暗証番号の入力が面倒ですよね。

ところが近年では、日本のおサイフケータイのように、カードを機械にかざすだけでOKなサービスが浸透し始めています。

お支払い方法は?

今日の花子さんは近所のお肉屋さんに買い物に来ているようです。

会話

Hanako : Bonjour Monsieur, Je voudrais deux steaks hachés,  s’il vous plaît.

こんにちは。ステーキアッシェを2つください。

Le boucher : Oui…ce sera tout ?

お肉屋さん:はい…以上ですか?

Hanako : Je prends aussi un rôti de veau pour quatre personnes, et ce sera tout.

子牛のロティも4人分ください。それで全部です。

Le boucher : Voilà, Madame. En tout, ça fait quatorze euros, s’il vous plaît.

はい、どうぞ。全部で14ユーロです。

Hanako : Je peux régler en carte ?

カードで支払いできますか?

Le boucher : Oui. Sans contact ?

はい、コンタクトなしの支払いでいいですか?

Hanako : Désolée, ma carte n’est pas encore équipée du système sans contact. 

すみません、私のカード、まだコンタクトなしの機能が付いていないんです。

Je peux payer normalement ?

普通に払えますか?

Le boucher : Bien sûr, Madame. Voilà, c’est bon, tapez votre code.

もちろんです、マダム。ほら、大丈夫です、コードを押してください。

Hanako : Merci Monsieur. Au revoir !

ありがとう、ムッシュー。さようなら!

ポイント

steak haché

steak」はそのまま「ステーキ」、「haché」は 「細かく刻んだ」という意味の形容詞です。

steak haché」はミンチ肉を楕円形に押し固めたステーキですが、日本式ハンバーグとは全く別物!

牛肉100パーセントなので、焼きすぎると固くてパサパサ。ジューシーなハンバーグになれた日本人からすると、初めて食べる時はぎょっとするかもしれません。

ところがフランス人はこの「steak haché」が大好きで(簡単だからかもしれませんが)頻繁に食卓に登場するメニューなんですよ。

rôti de veau

rôti 」は「ロースト(オーブン焼き)」、「 veau」は「子牛」のことです。

rôti de veau」は「子牛のロースト」ですが、他にも食材を変えて「poulet rôti 鶏の丸焼き」「rôti de bœuf ローストビーフ」などなど「rôti」はフランスの家庭料理の名前によく登場します。

普通は料理名、つまりローストされた状態を指すのですが、お肉屋さんではこの表現でロースト用のお肉を準備してもらえますよ。

(「poulet rôti」だけはお肉屋さんでも焼いたものが売っていることも多く、生の鶏を1羽欲しいときは「un poulet」と言う方が確実です。)

暗証番号なしのカード支払い

paiement sans contact

  • paiement  支払い
  • sans ~なし
  • contact コンタクト/接触

日本ではサイン方式のクレジットカードも多いですが、フランスのカードはチップ搭載で4桁の暗証番号を打ち込んで使用します。

小額でもカードで支払えることが多いのですが、カードを機械に差し込んで、読み取ってくれるのを待ってと若干わずらわしいですよね。

そのためか近年では、20ユーロまでなら暗証番号なしでOKな「paiement sans contact」 という支払い方法が一般化されつつあります。

対応しているカードを機械にかざすだけなので、使い方はとても簡単。日本のおサイフケータイのようなイメージでしょうか。

対応カードの見分け方

paiement sans contact」の出来るカードには、WIFIのマークを横に倒したようなマークがあり、チップの近辺に記されていることが多いようです。

paiement sans contact」が一般化され始めた2015年以降に発行されたカードにはほとんど付いているようですよ。

支払い上限

20ユーロが上限でスタートした「paiement sans contact」ですが、2017年の秋から支払額の上限が30ユーロに引き上げられる予定です。

30ユーロというと*4000円弱になりますが、この金額をサインも暗証番号もなしでカード払いするのはなんとなく不安…なんて人もいますよね?

幸いこの支払い方法は強制ではないので、今までどおりコードを入力して支払うことも可能ですよ。

*2017年9月のレートで計算しています。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP