フランス語で学生生活

フランスの新学年

フランスの新学年スタートは春でなく秋。9月からの新学年スタートのためには、夏休み中の準備が必要です。

これは何のリスト?

会話

今日も花子さんはマリーさん宅にお邪魔しているようです。するとテーブルの上に文房具のリストを発見、いったい何のためのリストなのでしょうか?

Hanako : Qu’est-ce que c’est cette liste ?

これって何のリスト?

Tu as besoin d’autant de fournitures de bureau ?

こんなにたくさんの文房具が必要なの?

Marie : C’est la liste de fournitures d’école de mon enfant pour la rentrée.

子供の新学期のための文房具のリストよ。

Hanako : Dis donc, elle est très détaillée cette liste. Est-ce que tu dois acheter exactement les même choses ? 

まぁ、とっても細かいリストね。このリストと全く同じものを買わなくちゃいけないの?

Marie : Oui, chaque professeur a sa préférence pour la taille, la matière, etc.

ええ、それぞれの先生にサイズや素材なんかの好みがあるのよ。

Hanako : Il doit être compliqué de trouver tous ça sans se tromper…

間違えずに全部見つけるのは難しそうね。

Marie : Tiens, tu viens avec moi au supermarché pour m’aider ?

ねぇ、スーパーに一緒に来ない?手伝ってよ。

Je t’inviterai au café après les courses.

買い物の後でコーヒーおごるわよ。

Hanako : Bah… si tu veux…

う~ん…まあいいけど…

Marie : Merci ! 

ありがとう!

ポイント

autant de ~

autant de ~」は「それほどの・そんなに多くの」と、沢山である事を表す表現です。

花子さんが目にした文房具のリストには、家庭で必要な量より多かったので「autant de fournitures  de bureau  こんなにたくさんの文房具」が必要なのか?との質問になりました。

autant de ~」は後ろに接続詞の「que」を伴い「autant de ~que…」となると「…と同じだけの~」の意味になります。

Je ne peux pas manger autant de chocolat.

こんなに多くのチョコレートは食べられない

J’ai mangé autant de chocolat que toi. 

君と同じだけチョコレートを食べた。

inviter 

inviter」は「à」を伴い「inviter à ~」で「招待する」の意味で使われます。

家にパーティーに招待する場合はもちろん、レストランやカフェに招待=ごちそうする場面でも役立つ単語です。

J’ai mon premier salaire ! On va au restau ce soir ? Je t’invite.

初めての給料をもらった!今晩レストランに行こう。おごるよ。

文房具

フランス語で「文房具」には様々な表現があります。

fournitures de bureau / d’école / scolaire

  • fournitures 必需品(複数形で)
  • bureau オフィス
  • école 学校
  • scolaire 学校の

articles de bureau / d’école / scolaire

  • article 品物

papeteries

  • 事務用品

どれも良く使われる表現ですが「papeteries」以外は使う場所で名前が変わるのがポイントです。

とはいえ、家庭で使う文房具だからといって「fournitures de maison」とは表現できないのでご注意を。

新学期の準備

夏休み中の文房具コーナー

フランスの夏休みの風物詩の1つに、スーパーの入り口に設置された文房具コーナーがあります。

ご存知の通りフランスの新学年のスタートは9月ですから、夏休み中に必要なものを全て買い揃える必要がありますよね。

早い家庭だと7月に入ってすぐに購入するようですが、8月に入ってから購入する家庭が多いようで、親子連れでたくさんの文房具を選んでいるのを見かけます。

9月に近づくほど品切れも多くなり、必要なものを手に入れるのに一苦労。でも後回しにしたくなるのが分かるほど、面倒な買い物なんですよ。

学用品購入の手当金

Allocation de rentrée scolaire

  • allocation 手当金
  • rentrée  新学年
  • scolaire 学校の

8月下旬に文房具を買う家庭が多いのには理由があります。それは「allocation de rentrée scolaire」という、手当金の支払いが8月中旬にあるからです。

これは6歳から18歳までの子供が居る家庭を対象にした手当金のこと。

ある一定以下の所得の家庭に対し、子供の年齢別に350~400ユーロ程の手当金が支払われます。

  • 6~10歳 364.09ユーロ
  • 11~14歳 384.17ユーロ
  • 15~18歳 397.49ユーロ

もちろん文房具だけでなく、通学カバンや服や靴を新潮するために使われているようです。

所得の制限は子供1人だと24404€、1ユーロ130円として317万円程度でしょうか。

ヴァカンスで大きな出費をした後だけに、低所得の家庭にはありがたい制度となっています。

文房具のリスト

来年度に必要な文房具のリストは夏休み前に配布されますが、その内容はかなり細かく指示されています。

ノートのサイズに始まり、その枚数、線の幅、はたまた文房具ブランドの指定がされることもあるようです。

全国一律ではなく、学校ごと・教科ごとに先生が指定するので、指定のものを探すのが大変なマニアックなリストになる場合も!

そんな文房具探しの大変さから開放されたい親はたくさん居ます。

希望者でアソシエーションを作り、リストの文房具を一括注文。「pack fournitures 文房具のパック」として配布する方法も取られています。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP