フランス語会話勉強

魚屋で役立つフランス語

フランスではパック入りの魚が少なく、お目当ての魚を手に入れるには、魚屋さんとコミュニケーションをとりつつ、購入する必要があります。

今回はそんな時に役に立つ魚に関するフランス語を見てみましょう。

魚屋で買い物

今日の花子さんは魚屋で買い物をしているようです。

会話

Hanako : Bonjour, je voudrais un bar, s’il vous plaît.

こんにちは。スズキを1匹ください。

Poissonnier : Bonjour madame. Je vous le fait en filet?

魚屋:こんにちは、マダム。フィレにしますか?

Hanako : Pouvez-vous juste l’écailler et le vider, s’il vous plaît.

鱗を落とすのと内臓を抜くのだけお願いします。

Poissonnier : Je coupe la tête?

頭は落としますか?

Hanako : Non, vous la gardez.

いいえ、そのままにしてください。

Poissonnier : Entendu. Il vous faut autre chose?

分かりました。他に何か必要ですか?

Hanako: Je prends un kilo de sardines et une douzaine de bulots aussi.  

イワシを1キロと、エゾバイ(貝の一種)を12個ください。

Poissonnier :Les serdines, vous les voulez en filet ou entier ?

イワシはフィレと丸ごと、どちらでしょうか?

Hanako : Entier,  s’il vous plaît.

丸ごとをお願いします。

Et deux morceaux de cabillauds. Est-ce qu’ils sont désarêter? 

後、真ダラ2切れも。骨は抜いてありますか?

Poissonnier : Bien sûr, Madame. Ce sera tout?

もちろんです、マダム。以上ですか?

Hanako : Oui, ce sera tout. Merci.

はい、以上です。ありがとう。

魚屋で便利なフランス語

フランスには切り身のパックは種類が少なく、お目当ての魚があるのなら、魚屋さんとコミュニケーションを取りながら購入する必要があります。

そんな時に便利なフランス語を見てみましょう。

faire en filet

filet」は「(三枚おろしにした魚の)切り身」のこと。他にも肉の部位の「ヒレ」、鶏肉の「胸肉」も「filet」と呼びます。

faire en filet」は「三枚におろして切り身にする」という意味で、肉には使われない魚特有の表現です。

魚によっては、切り身と丸ごとが売っていることもあり、どっち?と聞かれることがあります。

切り身が欲しいなら「en filet」、丸ごとの魚が欲しい時は「entier」と注文しましょう。

écailler

écailler」は「うろこを落とす」という意味で、「écaille うろこ」から発生した動詞です。

丸ごとの魚は「écaille」が付いたまま売られているので、自分でできないなら魚屋さんに「écailler」するようお願いしましょう。

vider

vider」は「空にする、(中身を)捨てる」といった意味ですが、「魚の内臓を取り除く」という時にも使います。

couper la tête

couper la tête」は「頭を切る」、魚の頭を切り落とす時に使える表現です。

「頭を落とす」には「décapiter」という単語もありますが、こちらは人の首を切るときに使う表現で、魚には使いません。

garder

garder」は「守る、保存する」という意味です。魚屋では、頭や内臓をそのままにしておいて欲しい時に使えます。

une douzaine

une douzaine」は「1ダース(12個)」の意味で、貝類によく使変われる表現。2ダースや3ダースは「deux douzaine」「trois douzaine」といいます。

半ダースは「une demi douzaine」ですね。他には「une dizaine 10個」も使われます。

もちろん12の倍数や10個単位でしか購入できないことは無く、個数やグラムなどで指定しても構いません。

morceau 

morceau」は「一片」という意味で、魚の場合は「一人用の切り身」に使う表現です。

サーモンなどは「morceau」と半身の「filet」、はたまた「entier」が同時に売られていることも多いので、どれが欲しいのかしっかり指定できるといいですね。

désarêter

désarêter」は「魚の骨を取り除く」という意味で、「arête 魚の骨」から派生した表現です。

フランス語の魚の名前

フランスの魚屋でよく見かける魚介類の名前を見てみましょう。

日本でもポピュラーなものから、珍しいものまで…フランス人はあまり魚を買わないイメージがありますが、意外にも魚屋の品ぞろえは豊富なんですよ。

魚の名前

  • Anchois アンチョビ
  • Bar スズキ
  • Cabillaud 真タラ
  • Carrelet/Limande カレイ
  • Chinchard アジ
  • Congre アナゴ
  • Daurade タイ
  • Espadon メカジキ
  • Hareng ニシン
  • Julienne タラの一種
  • Lieu 黒タラ
  • Lotte アンコウ
  • Maigre コルビナ
  • Merlan メルラン
  • Merlu/Colin メルルーサ
  • Mulet ボラ
  • Raie エイ
  • Rouget barbet ヒメジ
  • Sabre タチウオ
  • Sardine イワシ
  • Sole シタビラメ
  • Thon マグロ
  • Turbot イシビラメ

甲殻類や貝類の名前

  • Bigorneau 海貝
  • Bulot エゾバイ
  • Calamar ヤリイカ
  • Coque カラス貝
  • Coquille Saint-Jacques ホタテ貝
  • Couteau マテ貝
  • Crevette エビ
  • Homard オマール
  • Huître カキ
  • Langouste イセエビ
  • Langoustine ラングスチーヌ
  • Moule ムール貝
  • Oursin ウニ
  • Palourde アサリ
  • Poulpe タコ

まとめ

今回は魚屋で役に立つフランス語をご紹介しました。日本とフランスは魚の売り方が違うので、最初は少し戸惑ってしまうかもしれませんが…。

美味しい魚を食べるために、覚えた単語を駆使してお店の人とコミュニケーションをとってくださいね。

まずは無料体験レッスンで、先生の人柄やレッスン内容を体験してください。
フランス語先生を検索
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
フランス語先生
業界トップクラスの豊富な先生陣/先生数が多いので、あなたにピッタリの先生がきっと見つかります。
  • フランス語先生はみんな優秀。ネイティブの先生と直接会って交流ができるフランス語教室です。
  • エスパでは、幅広い年齢層の先生が登録しています。
  • ご希望の地域や最寄り駅から、ご希望に合わせてフランス語先生を探せます。
フランス語先生を検索

マルシェで役立つ量に関するフランス語前のページ

フランスのお土産:食べ物編①次のページ

関連記事

  1. フランス語会話勉強

    フランス人がお菓子をテイクアウトする時

    フランス旅行中にお菓子をテイクアウトしてみたけど、さあ食べようと言う時…

  2. フランス語会話勉強

    フランス語の略語①

    フランス語には沢山の略語があり、単語の頭文字から作られている略語も頻…

  3. フランス語会話勉強

    フランスではお葬式?独身最後のパーティー

    結婚式前日に新郎新婦が開催するバチェラーパーティー・バチェロレッテパ…

  4. フランス語会話勉強

    フランスで新しいアプリケーションの発表会

    ジョナタンとアルノーは顧客向けに展開する特別プログラムについて話してい…

  5. フランス語会話勉強

    フランス-人気メイクアップコスメ

    フランス-人気メイクアップコスメ フランスの、…

  6. フランス語会話勉強

    シチュエーション「フランスで週末旅行に出かける」

    フランス人は大抵3週間から1ヶ月の夏休みを取り、バカンスに出かけますが…

  1. フランス語発音

    フランス語の綴りと発音③特徴的な音と綴り 
  2. フランス語会話勉強

    フランス大学の講義ノート
  3. フランス旅行・観光

    フランスの魅力・列車で旅するフランス語①
  4. フランス語会話勉強

    フランスのキャンプ事情
  5. フランス語会話勉強

    フランスで習い事
PAGE TOP