健康・美容

フランス・コスメ用語②ビオ・コスメ

旅行や留学でフランスに滞在する予定があれば知っておきたいフランスのコスメ事情。

「フランス・コスメ用語」の第2回目は、フランスのコスメ界にもはや欠かせないキーワード「bio」についてです。

フランスで大人気のビオ・コスメ

コスメ大国フランスで大人気なのが無農薬で栽培された植物を原料とするビオ・コスメ「cosmétiques bio」。

フランスのビオ・コスメのブランドは相当な数にのぼり、アイテム数もとにかく豊富。

もともとスキンケア商品が豊富なフランスですが、専門店だけでなく普通の薬局やスーパーでも、カラフルでおしゃれなパッケージに包まれた様々なビオ・コスメを見つけることができます。

日本でもオーガニックの人気が高まっていますが、フランスのコスメにおいて「bio」は決してマイナーな存在ではなく、とてもポピュラーで身近な存在。

むしろ「bio」であることは商業的に最大の売りになっている、と言えるほどです。

ビオ?オーガニック?

ところで、「ビオ」と「オーガニック」という二つの言葉、似たような意味に感じるけれど一体どう違うんだろう?と思ったことはありませんか?

日本では有機、無添加の食品や化粧品に対しては「オーガニック」という言葉のほうが一般的ですね。

「ビオbio」は英語読みすると「バイオ」で「biologique」の略。日本人の日常的な感覚では、「バイオ」は化学の用語というイメージがあります。

ところがフランス語ではその関係が逆転、フランス語の「オーガニックorganique」という形容詞は、「炭素分子の」という意味の化学用語。

「有機栽培」や「無添加の食品、コスメ」を指す形容詞は「ビオ biologique(または略してbio)」と言う、という訳です。

「bio」 を使ったフランス語の表現いろいろ

有機農法

agriculture biologique

有機農産物

produits agricoles biologiques

produits bio

オーガニック・コスメ

cosmétiques bio

無農薬・無添加食品を食べる

manger bio

ビオ製品を選んで購入する

consommer bio

ビオ製品を選んで購入する消費者

consommateurs bio

bio」はコスメだけでなく、生活スタイル全般に関わるキーワードなのですね。

ちなみに「bio」と略した形を使う場合に前の名詞が複数形であっても「bio」に複数の「s」は付きません。

また、上の例にあるように、動詞のconsommer(消費する)やmanger (食べる)に「bio」という形容詞を付けて、「ビオ製品を買う、食べる」という言い方もすることができます。

フランスのビオ・コスメ市場

2008年のフランスの統計では、ビオ・コスメの市場規模は2・5億ユーロ。これは前年の2007年に比べて20パーセントも拡大したということです。

ビオ・コスメがコスメ市場全体に占める割合は2010年から2012年にかけては10パーセント、専門家の予想ではその後5年間で30パーセントを占めるということです。

「余計なものをそぎ落として、“素”の自分を引き立たせるのが最も魅力的」というフランス人の美学にもぴったりフィットしたビオ・コスメの人気は今後ますます高まってゆくことでしょう。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP