フランス語で会話

フランス語で議論

フランス人は議論好き。彼らは日常の何気ない会話の中でも「私はこう思う」と自分の意見をはっきり主張します。

今回はそんな場面で意見を尋ねたり、考えを述べたりするときに使える表現をご紹介します。

賛成・反対を表現

Êtes-vous pour ou contre l’augmentation de T.V.A.?

消費税増税に賛成ですか、反対ですか?

  • pour  …に賛成して
  • contre …に反対して
  • T.V.A.  付加価値税(taxe à la valeur ajoutée の略 )

消費税はフランスではtaxe à la valeur ajoutée「付加価値税」と言います。

増税に賛成なら「Je suis pour l’agumentation de T.V.A.」、 反対なら「Je suis contre l’augmentation de T.V.A.」です。

また、「あなたに賛成・反対です」というときは

Je suis d’accord avec vous.

Je suis de votre avis.

Je pense comme vous.

あなたに賛成です(同意見です)。

  • être d’accord avec qqn  …に同意して
  • être de l’avis de qqn …と同意見の

「反対」なら否定形にします。

Je ne suis pas d’accord avec vous.

Je ne suis pas de votre avis.

Je ne pense pas comme vous.

あなたの意見に反対です。

どう思うかを質問

~についてどう思いますか?とフランス語でたずねてみましょう。

trouver

Comment trouvez-vous cet article sur le Japon?

日本について書かれたこの記事について、あなたはどう思いますか?

  • trouver A  B  AをBだと思う
  • article sur ~についての記事

trouver」という動詞は「trouver + 直接目的語(A) + 属詞(B) 」という形で「AについてBと思う」という意味になります。

「私はこの記事をとても興味深いと思います」なら「Je trouve cet article très intéressant.」です。

「~と思う」という「考え」の中身の部分が属詞(形容詞など)なので、疑問形は「Comment」 を使って「Comment trouvez-vous A?」です。

pencer/dire

trouver」以外の動詞を使った表現も覚えておきましょう。

Qu’est-ce que vous pensez de cet article sur le Japon?

Qu’est-ce que vous dites de cet article sur le Japon?

  • penser B de A AをBだと思う
  • dire B de A  AをBだと思う

(*主に疑問形で用いられる)

trouver」を使った表現と同じ意味ですが、今度は「~と思う」という考えの中身の部分が直接目的語になることに注意しましょう。

そのため疑問形は「que (qu’est-ce que)」を使います。そして「~について」という対象を指す語の前には前置詞「de」を置きます。

どちらも答えるときは「Je pense que cet article est très intéressant.」 と「Je pense que」を使って答えることができます。

形容詞で豊かな表現

考えを述べるときに使える語もいくつかご紹介しておきましょう。

juste 正しい、公平な  Cet article est juste.

abusif,-ve 誤った、不当な  Cet article est abusif.

partial,-e 偏った Cet article est partial.

important,-e 重要な  Cette opinion est importante.

exagere, -e  行き過ぎた、大袈裟な   Cette opinion est exagérée.

bon/ mauvais pour … ~によい/悪い   C’est bon/ mauvais pour l’environnement.

  • opinion 意見
  • environnement 環境

意見を伝える表現

最後に、「Je pense que…」以外の形で自分の意見を伝えられる表現のバリエーションをご紹介しましょう。

À mon avis,(c’est…)

D’après moi,(c’est… )

En ce qui me concerne,(c’est…)

Il me senble que (c’est…)

すべて「私の考えでは」「私としては(…だと思います)」という意味です。

また、「penser」の代わりに初めの例に出てきた動詞「trouver」を使って「Je trouve que (c’est…)」や動詞「croire」を使って「Je crois que (c’est… )」と言えます。

そして「avoir l’impression que」という表現を使って「J’ai l’impression que (c’est…)」などと言うこともできますよ

フランス人と話していると、「~についてあなたはどう思う?」と意見を求められることもきっと多いはず。そんなときに今回の表現を役立ててくださいね。

フランス語教室F10エフテン室

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

読むだけでフランス通になれる無料のメールマガジン

  • フランス人の友達がほしい
  • フランスの文化や習慣をもっと知りたい
  • フランス語を上達したい

そう思っても未経験では、何から始めればいいか分かりません。

そんな方のために、まずフランスが、どんなところかを知って欲しいことを欲しいことをメルマガにしました。
購読は無料です。

メールマガジンを登録(無料)
  • メールアドレス

メールアドレスを入力してください

このメールマガジンにはこんな内容が含まれています

  • >>フランスで友達をバーへと誘ってみよう!
  • >>人と人が繋がりやすいフランスの良き一面とは
  • >>これが、パリに住むカップルの【週末旅行】だ
  • >>お礼を言う時に役立つフランス語とは

無料メールマガジン

勇気づけられるフランス語前のページ

フランス語で仕事(職業)について質問①次のページ

新着フランス語レッスン

PAGE TOP