フランス語でビジネス

フランス語で履歴書を書く

フランスで仕事を探そうと思ったら、まずは履歴書を書かなくてはなりません。

面接にこぎ着ける為の大切な武器ですね。雇用主があなたに会いたくなるような履歴書にチャレンジしてみましょう!

shutterstock_282305675履歴書をフランス語でなんていう?

仕事探しには「CV」が必要です。CV とは Curriculum Vitae の略でこちらはラテン語です。

Curriculum Vitae と言う事はほとんど無く、CV の方が良く使われます。

Je vous envoie un CV.

履歴書を送ります。

というように使います。発音はそのまま「セーヴェー」ですね。

shutterstock_78815746CVの書き方

日本の様に決まった様式が無いのがフランスの CV です。基本はA4用紙にバランス良く記入すれば問題は有りません。

見やすく、求人先の人が求めている事を全面に押し出すのが良いようです。太字や大文字を駆使して分かりやすく書いてください。

YAMADA Hanako                        ②Photo

10, rue des exemple de cv 75000 Paris

Téléphone : 01 16 .. .. ..

Mail :hanakoyamada@……

③Nationalité japonaise (autorisée à travailler )

Mariée

Née le 01 Janvier 1990

ASSISTANTE CHEF DE CHANTIER

FORMATIONS

EXPERIENCES PROFESSIONNELLES

CENTRES D’INTERET

注意点

①左上に名前・住所・電話番号・メールアドレス・誕生日などの個人情報を記入します。フランス以外の国籍の場合は、国籍と労働許可の有無も記載してください。

②花子さんは女性なので、autorisée mariéenéeというように形容詞の最後に「e」が付きます。男性の場合は外してください。

Japonaiseの「e」は女性名詞の「nationalité 国籍」にかかるので外しません。

③写真を右上に張ります。人種差別を減らす観点から、写真を付けない事も多くなってきています。

④企業に募集する場合は、応募したい職種を記載します。特に無ければ(職安に提出する場合など)は要りません。

⑤新しいものが上に来るようにしてください。日本の履歴書と逆なので注意が必要です。

shutterstock_185446949Formations

formation (女性名詞) 育成・教養 ここでは学歴や研修の意で使われます。

卒業した学校や研修・資格・スキル(パソコンなど)を記載します。

取得した資格の名前と、それを受講した施設名もセットで書いてください。

2008 Baccalauréat équivalent au Lycée Tokyo

東京高校 卒業

2012 Bac+4 Littérature française à l’université Osaka

2012年 大阪大学 フランス文学科 卒業

  •  baccalauréat (男性名詞) 大学入学資格 ・バカロレア
  •  équivalent (形容詞) 同等の
  •  lycée (男性名詞) 高校
  •  Bac  baccalauréatの略称
  •  littérature (女性名詞) 文学
  •  université (女性名詞) 大学

Expériences professionnelles

  • Expérience (女性名詞) 経験
  • professionnelle (形容詞) 職業の

職歴を記入します。

会社名・街名・国名(フランス国外の場合)をセットで記載します。働いた期間も明記する方が良いでしょう。

2012-2014 Durée 2 ans et 3 mois Société ABC, Osaka, JAPON Employé administratif 

2012~2014年 2年と3ヶ月 ソシエテABC 所在地 日本、大阪 事務員

  • employé (名詞) 従業員 
  • administratif (形容詞) 管理の・事務の

Centres d’intérêt

  • centre (男性名詞) 中心・中央
  • intérêt (男性名詞) 関心・興味

趣味や興味のあることを記入します。

lecture (女性名詞) 読書

voyage (男性名詞) 旅行

cinéma(男性名詞) 映画

shutterstock_309251816ちょっと注意のフランスの学校システム

高校卒業?

日本とフランスの学校のシステムは同じではありません。日本の高校卒業とフランスの Baccalauréat 取得はイコールではないんです。

Baccalauréat は高校最後の年に受ける資格試験で、20点満点中10点以上で合格します。合格すれば大学入学資格が得られます。

日本の高校を卒業しても、大学入学資格は得られませんよね。

なので、日本の高校卒業と記載したいときには「Baccalauréat équivalent バカロレア同等」と書くのが正しくなります。

大学留学を考えている場合、特に注意が必要です。日本の高校卒業をバカロレア同等とみなしてくれる大学と、大学入試に合格してこそバカロレア同等とみなす大学があります。

システムが違うので仕方が無いのですが、何ともややこしいですね。

大学卒業?

大学のシステムも異なります。テストに合格して資格を取得の意味合いが強いので、卒業という概念が無いんですね。

資格を取得するのに必要な年数で記載します。日本の短期大学は2年なので「Bac+2 バカロレア取得のあと2年勉強」となります。4年制大学は「Bac+4」ですね。

ちなみにフランスではBac+3で「licence 学士」、Bac+5で「master 修士」、Bac+8でdoctorat 博士」となります。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP