フランスの日常生活

ファッションに関するフランス語の動詞

服を「着る」・帽子を「かぶる」など、ファッションに関するフランス語の動詞の使い分けできますか?

「靴を着る」のような変な表現にならないように注意が必要です。

何を着る?

今日の花子さんとマリーさん、ファッションの話題で盛り上がっているようです。どうやら次のお出かけに着ていく服を相談しているようです。

shutterstock_265781192会話

Marie : Tu as déjà décidé comment tu t’habilles pour aller au concert de classique ?

クラシックコンサートに何着て行くかもう決めた?

Hanako : Non, pas encore. Et toi ?

いいえ、まだよ。あなたは?

Marie : Moi, je suis en train de réfléchir…

私は考えているところよ。

Soit une robe noire que je porte au Noël, soit une autre rouge que je viens d’acheter au solde…

クリスマスに来た黒いワンピースか、バーゲンで買ったばかりの赤いワンピースか…

Hanako : Ok, je vois.

Ok、わかるわ。

Ta robe noire de Noël, je la trouve pas assez chic pour le concert.

あなたのクリスマスのワンピース、コンサートにはシックさが足らないと思うの。

Marie : Oui, je suis bien d’accord.

ええ、そうなのよね。

Si je met une grande étole avec la fourrure, ça change, non ?

もし毛皮の付いたストールを羽織ったら、変わると思わない?

Hanako : c’est vrai. Mais tu auras froid avec.

そうね、でもそれだと寒いわよ。

Tu mettras une paire de gants et porteras un chapeau aussi ?

手袋と帽子も着ける?

Tiens, je sais que tu as un grand chapeau avec des plumes !

ほら、羽飾りの付いた大きい帽子持ってるわよね!

Marie : Ah, tu plaisantes ?

まあ、冗談やめてよ

Avec tous ça, j’aurai l’air de me déguiser comme une vieille dame du dernier siècle !

それ全部着たら、私、昔のおばさんの仮装してるみたいになるじゃないの!

単語

  • décider (他動詞) 決める
  • concert (男性名詞) コンサート
  • réfléchir (自動詞) 良く考える
  • solde (男性名詞) バーゲン
  • assez (副詞) 十分に
  • étole  (女性名詞) ストール
  • fourrure (女性名詞) 毛皮
  • gant (男性名詞) 手袋
  • chapeau (男性名詞) 帽子
  • plume (女性名詞) 羽
  • plaisanter (自動詞) 冗談を言う
  • dernier  (形容詞) 最後の
  • siècle  (男性名詞) 世紀・時代

shutterstock_150773702ポイント

je suis en train de réfléchir】

私は考えているところです。

en train de 不定詞」で「~しているところ」の意味になります。日常生活でも良く使う表現なので、覚えてくださいね。

Soit , soit ~】

~か~か(のどちらか)

この「soit」は「être」の活用形ではなく、接続詞です。「soit ,ou」という言い方もします。

tu auras froid avec.】

(それだと)寒いですよ。

avec」で文は終わっていますが、後が省略されていますね。

ここでは、「avec la robe noire et l’ étole en fourrure 黒のワンピースに毛皮のストール」ですが、同じ単語の繰り返しを避けるために省略しています。

言わなくてもわかる場合は省略した方が、日常会話ではスマートですよ。

Tiens】

ほら

間投詞の「Tiens」です。「tenir」の活用形ではありません。

話し相手の注意を引きたいときに使うと良いですね。

tu plaisantes ?】

冗談を言っていますか?

直訳だと相手に冗談を言っているかを問う形になりますね。

実際は「何言ってるのよ」や「冗談止めてよ」のようなニュアンスで使われることが多いです。

shutterstock_244027792ファッションに関する動詞

S’habiller 服を着る

まずは「服を着る」の表現です。手袋や帽子などには使いません。

Hanako : Je m’habille en jupe rose pour sortir ce soir.

今晩のお出かけにはピンクのスカートを着るの(履くの)。

Marie : C’est pour ton mari ?

だんなさんの為(にピンクのスカートを履くの)?

Hanako : Bah oui. Toi, tu ne t’habilles pas pour ton copain ?

まあ、ねぇ。あなたは彼の為に(きれいな)服を着ないの?

Se changer 着替える

既に来ている服から他の服に着替える時は「Se changer」を使います。

Marie : Attends ! Il y a un trou à ton pull.

待って!セーターに穴が開いてるわよ。

Hanako : Ah zut, tu peux m’attendre un peu s’il te plait.

やだ、ちょっと待っててくれる?

Je vais me changer tout de suite!

すぐに着替えてくるわ。

Mettre 身に付ける

Mettre」は服などを身に着ける動作を表し、帽子や靴、手袋などにも使います。

Marie : Il fait très froid dehors. Tu auras froid juste avec un manteau.

外、凄く寒いの。コートだけじゃ寒いわよ。

Hanako : Ne t’inquiète pas. Je met les gants et le chapeau avant sortir.

大丈夫。出かける前に手袋はめて帽子をかぶるわ。

Porter 身に着けている

porter」は動作ではなく「身に着けている」状態を表します。

Marie : Tu vois un homme qui porte une jupe ?

スカート履いてる男の人わかる?

Hanako : Où ? Ah oui, il est très original!

どこ?ああ、すごく個性的ね!

Se déguiser en ~ ~に変装する

Hanako : Tu as décidé de ton déguisement pour le Mardi gras ?

マルディグラの仮装、決めた?

Marie : Cette année, je me déguise en lapin !

今年はウサギに変装するの!

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP