フランス旅行会話

フランス語で腰痛について話す

ルシーは友達の引っ越しを手伝い、重いものを運んだ際に腰を痛めてしまいました。

腰は一度痛めてしまうと、なかなか治りませんね。

このレッスンでは、友達にいい整骨師を紹介してもらう、そういったシチュエーシンを見てみましょう。

サラはルシーの家に来ています。

shutterstock_221065726会話 

Lucie : Aie!

Sarah : Ça va? Qu’est-ce qu’il y a?

Lucie : J’ai mal aux reins depuis une semaine.

Sarah : Mince. Qu’est-ce qui t’es arrivée?

Lucie : J’ai aidé une amie à faire son déménagement.

Sarah : Ah, tu as porté de grands cartons?

Lucie : Oui, j’en ai porté quelques-uns. En plus, avec une amie on a essayé de porter une commode. D’un coup, mes reins sont bloqués.

Sarah : Mince. C’est embêtant.

Lucie : J’ai mal aux reins depuis.

Sarah : Tu es allée voir l’ostéopathe?

Lucie : J’aimerais bien aller le voir. Tu connais un bon ostéopathe?

Sarah : Oui, je te donne son numéro si tu veux. C’est un bon ostéopathe. Il habite dans le 15e arrondissement.

Lucie : C’est près de chez moi. Merci!

Sarah : De rien! J’espère que ça va aller!

和訳 

ルシー : いたっ!

サラ : 大丈夫?どうしたの?

ルシー : 一週間前から腰が痛いの。

サラ : 参ったわね。何があったの?

ルシー : 友達が引っ越しするのを手伝ったの。

サラ : ああ、大きな箱をたくさん運んだんでしょ?

ルシー : ええ、そうなの。それに、友達とたんすを運ぼうとしたのね。それでいきなり、腰が動かなくなってしまったの。

サラ : 大変ね。厄介だわ。

ルシー : それ以来、腰が痛いの。

サラ : 整骨師に診てもらった?

ルシー : 行きたいんだけど、いい整骨師を知ってる?

サラ : ええ、良かったら電話番号をあげるわ。いい整骨師よ。15区に住んでるの。

ルシー : 私の家に近いわね。ありがとう!

サラ : どういたしまして。良くなるといいわね!

今週のポイント 

shutterstock_174190433Avoir mal à ~ : 〜が痛い

“mal”は「痛み」を意味する名詞で、”avoir mal à ~”と「〜」の部分には、体の部分を挿入し、「〜が痛い」という意味で使います。

Valentin : Ça va? Tu as l’air fatiguée.

Fanny : Oui, je suis fatiguée. J’ai mal aux épaules. Je travaille beaucoup devant l’ordinateur.

Valentin : Si tu veux, je peux te faire un massage.

Fanny : Oui, s’il te plaît!

Fanny : Tu es un bon masseur!

Valentin : Merci!

Valentin : 大丈夫?疲れてるようだけど。

Fanny : ええ、疲れたわ。肩がいないの。パソコンの前でたくさん仕事してるからね。

Valentin : 良かったらマッサージをするよ。

Fanny : ええ、お願い!

Fanny : マッサージが上手ね!

Valentin : ありがとう!

shutterstock_186415532Reins : 腰

“reins”は「腰」を意味し、複数形で使うことに注意しましょう。また、”bas du dos”とも言います。

Charlotte : J’ai mal aux reins.

Simon : Tu peux t’allonger si tu veux.

Charlotte : Oui, je vais me reposer un peu.

Charlotte : 腰が痛いわ。

Simon : 良かったら横になりなよ。

Charlotte : そうね、ちょっと休むわ。

shutterstock_186527588Arriver : 〜が起こる

動詞”arriver”は、主に「着く」という意味で使いますが、他にも様々な意味を持ち、「起こる」という意味でも使います。

Corentin : Tu sais, Eric est à l’hôpital maintenant.

Morgane : Ah oui? Qu’est-ce qui lui est arrivé?

Corentin : Il a eu un accident de voiture.”

Morgane : C’est vrai? C’est grave?

Corentin : Non, non, ça va. Il reste juste trois jours dans l’hôpital.

Corentin : ねえ、エリックは今病院にいるんだよ。

Morgane : そうなの?何があったの?

Corentin : 交通事故にあったんだよ。

Morgane : 本当?ひどいの?

Corentin : いや、大丈夫。病院に3日だけいるんだ。

shutterstock_251995774Bloquer : 動かなくさせる

動詞”bloquer”は、「動かなくさせる」、「遮断する」、「固定する」などといった意味が含まれています。

いわゆる日本語のカタカナでも使用される「ブロック」に近い単語です。

Médecin : Qu’est-ce que vous avez?

Jonathan : J’ai le bas du dos bloqué.

Médecin : D’accord. D’abord, il vaut mieux faire la radio. Je vous donne l’adresse du centre, vous allez prendre un rendez-vous.

Jonathan : D’accord. Merci beaucoup.

Médecin : どうしましたか?

Jonathan : 腰が動かなくなってしまったんです。

Médecin : そうですか。まずは、レントゲンを撮ったほうがいいですね。センターの住所をあげますから、予約を取ってください。

Jonathan : わかりました。ありがとうございます。

shutterstock_186566120Embêtant : 厄介な

“embêtant”は、「厄介な」という意味の形容詞で、日常会話でよく使われる単語です。

また、同グループの「うんざりさせる」、「困らせる」という意味を持つ動詞”embêter”も一緒に覚えておきましょう。

Julie : Mon ordinateur plante souvent en ce moment.

Benjamin : C’est embêtant. Tu veux que je regarde?

Julie : Oui, s’il te plaît. Merci!

Julie : 最近、パソコンがよくフリーズするの。

Benjamin : そいつは厄介だね。見てあげようか?

Julie : ええ、お願い。ありがとう!

腰痛は治すのも大変ですし、リハビリにも多くの時間を要します。

また、異国の地で体に問題が起きて医者にかかるのは大変ですね。

フランスでは、友達の紹介で医者に診てもらうといったケースもありますから、そういった時はまず友達にアドバイスを請うのもいいでしょう。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP