フランスの日常生活

好きな音楽についてフランス語で聞く

アントワーヌとサラは友達のホームパーティーで初めて出会いました。二人はそこでかかっている音楽をきっかけに会話を広げていきます。

このレッスンでは、音楽の話をする、そういったシチュエーションを見てみましょう。

会話

shutterstock_303055340

アントワーヌとサラはパーティーで音楽について話しています。

Antoine : J’aime bien cette musique.

この音楽好きなんだ。

Sarah : C’est qui ?

 誰?

Antoine : C’est Clément Filanoi Quartet.

クレモン・フィラノワ・カルテットだよ。

Sarah : Ah, j’ai entendu parler du nom.

ああ、名前は聞いたことがあるわ。

Antoine : Quel genre de musique aimes-tu ?

 どんなジャンルの音楽が好き?

Sarah : J’aime bien le jazz.

ジャズが好きなの。

Antoine : Moi aussi ! Tu es allée voir un concert ces derniers temps ?

僕もだよ!最近、コンサートに行った?

Sarah : Oui, je suis allé voir Pierre Delaudère Quartet.

ええ、ピエール・デローデール・カルテットを観に行ったわ。

Antoine : Cool ! Moi aussi je voulais aller, mais il n’y avait plus de place quand je voulais réserver.

いいね!僕も行きたかったんだけど、予約したかった時はもう空席がなかったんだ。

Sarah : Mince. C’était vraiment bien le concert.

残念だったわね。コンサートは本当に良かったわ。

Antoine : Je suis jaloux ! Tu joues des instruments ?

うらやましいよ!楽器は演奏する?

Sarah : Quand j’étais petite, je prenais des cours de piano, mais maintenant non.

小さい頃、ピアノ教室に行ってたんだけど、今はやってないわ。

J’aimerais pratiquer le piano de nouveau, mais je n’ai pas le temps. Et toi ? Tu joues des instruments ?

またピアノをしたいんだけど、時間がないの。あなたは?楽器を演奏する?

Antoine : Je prends des cours de saxophone.

サックス教室に行ってるんだ。

Sarah : Cool ! Tu joueras du saxophone pour moi la prochaine fois !

いいわね!今度、サックスを吹いてね!

今週のポイント

shutterstock_57457843Genre de musique : 音楽のジャンル

genre“は「ジャンル」を意味する名詞で、”genre de ~“で「〜のジャンル」という意味で使います。

本文に出てきた”genre de musique“は「音楽のジャンル」という意味で使います。

Louis : Quel genre de musique aimes-tu ?

どんな音楽が好き?

Claire : J’aime bien le rock.

ロックが好きなの。

Louis : Moi aussi! Tu joues des instruments ?

僕もだよ。楽器は弾く?

Claire : Oui, je joue de la guitare.

ええ、ギターを弾くわ。

Louis : C’est bien !

いいね!

shutterstock_240433474Ces derniers temps : 最近

dernier“は「最後の」を意味する形容詞ですが、最近」「最新」という意味も含まれ、”ces derniers temps“で「最近」という意味で使います。

Jonathan : Je n’ai pas le moral ces derniers temps.

最近、やる気がないんだ。

Oceane : Tu travailles trop. Il faut que tu prennes des vacances.

働き過ぎよ。休暇を取るべきよ。

Jonathan : Quand le projet auquel je participe sera terminé, je prendrai des vacances !

今やってるプロジェクトが終わったら、休暇を取るよ!

shutterstock_300448493Ne ~ plus : もう〜ない

ne“は否定の意味を表し”ne ~ pas“の形で否定文を作りますが、”pas“の代わりに”plus“を用い”ne ~ plus“で「もう〜ない」という意味で使います。

Céline : Mince, il n’y a plus de vinaigre.

しまった、酢がもうないわ。

Simon : Ce n’est pas grave, non ?

大したことないんじゃない?

Céline : Si, il est nécessaire pour faire la sauce de la salade.

いいえ、サラダのソースを作るのに必要よ。

Simon : D’accord. Si tu veux, je peux aller le chercher.

そっか。良かったら、僕が買ってくるよ。

Céline : Oui, je veux bien. Merci !

ええ、お願い。ありがとう!

shutterstock_93736111Pratiquer : 実践する

pratiquer“は「実践する」という意味を含み、スポーツや趣味などの活動を「する」という意味で使います。

Clément : Tu pratiques du sport ?

スポーツやってる?

Marion : Oui, je pratique du tennis tous les dimanches.

ええ、毎週日曜日はテニスをやってるわ。

Clément : C’est bien !

いいね!

Marion : Et toi ?

あなたは?

Clément : Je pratique la natation !

水泳をやってるよ!

shutterstock_276221786De nouveau : 再び

nouveau“は「新しい」を意味する形容詞で、”de“を伴い”de nouveau“で「再び」という意味で副詞的に使います。

Matthieu : Tu sais, Olivier a changé de travail de nouveau.

ねえ、オリヴィエがまた仕事を変えたんだよ。

Lucie : Encore ? Il change souvent de travail.

また?よく仕事を変えるわね。

Matthieu : Je pense qu’il cherche ce qu’il veut faire vraiment.

本当にやりたいことを探してるんだよ。

Lucie : Oui, c’est possible.

ええ、そうかもね。

フランスではホームパーティーを催すフランス人が多いですが、初めて人と話すのがちょっと苦手な人もいるかもしれません。

そのような人にとっても、音楽は一つの会話のテーマとして大事ですね。

日本の音楽好きなフランス人もいますから、そういう人達に日本の音楽を紹介するのもいいかもしれませんね。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP