フランス語でビジネス

フランス語の商品名を考える

海外で仕事をするのは簡単なことではありませんが、フランスで活躍する日本人はたくさんいます。

そういった環境の中で、フランス人の同僚や上司とのコミュニケーションはとても大切です。

このレッスンでは、職場で新しい商品名を考える、そういったシチュエーションを見てみましょう。

ピエールとキャロルは新しい商品について話しています。

会話

Pierre : Carole, on a bien aimé la crème pour corps dont tu as fait la présentation. 

Carole : Merci beaucoup! Ça me fait plaisir.

Pierre : Pourtant, il faut réfléchir encore sur le nom de ce nouveau produit.’

Carole : D’accord.

Pierre : On a découvert que le nom, que tu avais choisi, existait déjà.’

Carole : Pardon, je ne le savais pas. J’aurais du faire plus de recherches.

Pierre : Ce n’est pas grave, mais tu pourras refaire tes propositions sous 3 jours?

Carole : Oui, je vais essayer de faire ça.

(3 jours plus tard)

Pierre : Ça va? Tu t’en es sortie?

Carole : Oui, difficilement.

Pierre : Quelles sont tes propositions?

Carole : “Brillant pro” ou “belle couleur”.

Pierre : Je préfère “brillant pro”. 

Carole : Oui, moi aussi je pense qu’il est mieux que l’autre.

Pierre : Très bien! Merci beaucoup!

和訳 

ピエール : キャロル、君がプレゼンした体用クリームを皆が気に入ったよ。

キャロル : ありがとう!うれしいわ。

ピエール : でも、この新商品の名前を考え直さなきゃ。

キャロル : わかったわ。

ピエール : 君が考えた名前は既にあったんだよ。

キャロル : ごめんなさい、知らなかったわ。もっとよく調べるべきだったわ。

ピエール : 大丈夫、でも3日以内に考えてくれるかな?

キャロル : ええ、やってみるわ。

(3日後)

ピエール : 大丈夫?うまくいった?

キャロル : ええ、なんとか。

ピエール : どんな名前?

キャロル : 「ブリアン・プロ」か「ベル・ クルール」よ。

ピエール : 「ブリアン・プロ」がいいね。

キャロル : ええ、私もその方がいいと思うの。

ピエール : いいね!ありがとう!

今週のポイント 

shutterstock_183278705Faire plaisir à (quelqu’un) : (誰か)を喜ばせる

plaisir「喜び」の意味を持つ形容詞で, Faire plaisir à (quelqu’un)で「(誰か)を喜ばせる」という意味で使います。

また、自分を指し ça me fait plaisir で、「私は嬉しい」となることも覚えておきましょう。

Antoine : Demain, mes parents arrivent à l’aéroport. Est-ce que tu pourras les aller chercher? (明日、両親が空港に着くんだ。迎えに行ってくれないかな?)

Camille : D’accord. (わかったわ。)

Antoine : Ça va? Tu ne seras pas très occupée? (大丈夫?忙しくない?)

Camille : Non, ça me fait plaisir de les aller chercher! (大丈夫よ。喜んで迎えに行くわ!)

Antoine : Merci! (ありがとう!)

 

shutterstock_151159433Réfléchir : 考える

動詞 réfléchir には光や音などを「反射する」という意味が含まれますが、また、「考える」という意味もあります。

「思う」を意味する penser との違いに注意しましょう。

Vendeur : Vous voulez essayer? (試着してみますか?)

Jonathan : Oui, s’il vous plaît. (ええ、お願いします。)

(3 minutes plus tard 3分後)

Vendeur : Il vous va bien, le manteau! ( コート、お似合いですよ!)

Jonathan : Il est un peu grand. Je vais réfléchir. (ちょっと大きいですね。考えます。)

 

shutterstock_81741409Sous ~ : 〜以内に

sousは「〜の下に」など様々な意味を持ちますが、

文脈によっては時間を指して、「〜以内に」の意味で使う場合もあります。

Hugo : Je dois terminer ce travail sous 24 heures. Tu peux m’aider? (24時間以内にこの仕事を終えなきゃいけないんだ。手伝ってくれる?)

Sophie : Oui, bien sûr. Qu’est-ce que je vais faire? (ええ、もちろん。何をすればいいの?)

Hugo : Tu peux rédiger un rapport sur ce produit? (この商品についてのレポートを書いてくれる?)

Sophie : D’accord. Je vais faire ça rapidement. (わかったわ。すぐにやるわ。)

Hugo : Merci! (ありがとう!)

 

shutterstock_275700443S’en sortir : 切り抜ける

sortir は「出る」を意味する動詞で、s’en sortir で窮地などを「切り抜ける」という意味で日常的によく使います。

Corentin : Ça va, ton nouveau travail? (新しい仕事はうまくいってる?)

Maeva : Oui, ça me plaît. Mais je suis timide. Je ne sais pas comment s’en sortir… (ええ、満足してるわ。でも、恥ずかしがり屋なの。どうやって克服すればいいかわからないの…。)

Corentin : Avec le temps, ça va aller! (時間が経てば、大丈夫だよ!)

 

shutterstock_156772646Difficilement : なんとか、やっとのことで

difficile は「難しい」を意味する形容詞ですが、同グループの副詞として、difficilement があります。

これは、「なんとか」、「やっとのことで」という意味で使います。

Julien : Ça s’est bien passé, ton premier jour au travail? (仕事初日はうまくいった?)

Manon : Oui, difficilement. (ええ、なんとか。)

Julien : Tu veux un apéritif? Ça te fera du bien! (食前酒はどうだい?気分が良くなるよ!)

Manon : Oui, s’il te plaît! (ええ、お願い!)

 

フランスはEUの中でも重要な商業国であることもあり、ビジネスに携わる日本人も多く活躍しています。

将来フランスで働きたい方は、日本と比べて、コミュニケーション方法も異なりますが、

それらの経験はきっと自分のコミュニケーションスキルをアップさせてくれるでしょう。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP