フランスの日常生活

フランスで美容院に行くことがありますか

Bonjour, chers amis! こんにちは、みなさん。

Comment allez-vous? ご機嫌いかがですか?

美容院は un salon de coiffure と言います。

アジア人と欧米人は髪質が違うので、現地の美容室は日本人に評判がいいとは言い難いようですが、長期滞在となれば行く機会も出てくるでしょう。

もちろん旅行でも、現地のサロンで髪を切ってもらうのはなかなかできない経験で、よい記念になるでしょう(かなりの冒険ではありますが)。

今日はそういうときに役立ちそうな表現を拾ってみました。

shutterstock_107479583会話

Hanako:Vous pouvez me prendre maintenant?

Coiffeuse:Désolée, mais nous sommes occuppés en ce moment. Vous voulez prendre rendez-vous?

Hanako: Oui, s’il vous plait. Et si à cinqheures?

Coiffeuse:Ça va. Puis-je avoir votre nom?

Hanako:Mizuno. M-I-Z-U-N-O.

Coiffeuse:Qu’est-ce que vous voulez faire aujourd’hui? Une coupe? Une permanante?

Hanako:Une coupe, s’il vous plaît.

Coiffeuse:Je vous fais un shampooing?

Hanako:Oui, s’il vous plaît

Vocabulaire

(“<”記号以下は、もとの形(辞書に載っている形)を表しています。また、名詞の後の(m)、(f)は、それぞれ男性名詞・女性名詞を示しています)

coiffeuse(f)<coiffeur(m) 美容師

rendez-vous (m) 会う約束、会合

coupe (f) カット-

permanante (f) パーマ  

shampooing (m) シャンプー

和訳

花子:今大丈夫ですか?

美容師:すみません、今いっぱいなんです。予約をお取りしましょうか?

花子:はい、お願いします。5時ではどうですか?

美容師:大丈夫です。お名前を頂けますか?

花子:水野です。(綴りは)M-I-Z-U-N-Oです。

美容師:今日はどうなさいますか?カット?パーマ?

花子:カットをお願いします。

美容師:シャンプーはしましょうか?

花子:お願いします。

ワンポイント

shutterstock_273641723Désolée:「すみません」

Désolée は以前にも出てきたかと思いますが、「困惑した、当惑した」の意味で、Je suis désolée を略した形です。

「ごめんなさい」の意味で使います。

ちなみにここは coiffeuse で、女性美容師さんなので、最後に e が付いていますが、男性の場合は désolé です。

Mais nous sommes occuppés en ce moment は「今いっぱいなんです」という意味です。

En ce moment は英語の at the moment に当たる表現ですね。

「今現在」「ただ今」という意味です。

shutterstock_292618940prendre rendez-vous:「予約を取る」

rendez-vous は「面会」の意味で、医者や美容院やアポイントメントのように相手と会う場合に使います。

これに対しレストランなどの予約では、faire une résérvation のように言います。

shutterstock_133133345Puis-je avoir votre nom?:「お名前を頂けますか?」

相手の名前を聞くときの丁寧な言い回しです。

Mizuno. M-I-Z-U-N-O.は「水野です。つづりはM-I-Z-U-N-Oです」

名前を言うと、綴りを聞かれることがありますので、その言い方を見ておきましょう。

Pouvez-vous épeler votre nom, je vous prie?

「つづりを言っていただけますか」

Dites-moi comment épeler votre nom, s’il vous plait.

「つづりを教えてください」

答えるときはアルファベットを一つずつ読み上げればよいのです。

(Hは「アッシュ」、Yは「イグレック」など、アルファベットの読み方がフランス語と英語では違うものがありますので、復習してくださいね)

shutterstock_211427839Qu’est-ce que vous voulez faire aujourd’hui?:「今日はどうなさいますか」

文法も単語もおなじみのものばかりですね。

表現として、こういう風に言うんだな、と思っていただければそれで結構です。

shutterstock_136244417今週のお役立ち!:椅子に座ったら 

さてめでたく予約の時間が来て椅子に座ったら、いよいよオーダーをしなくてはなりませんね。

その時の表現を見ておきましょう。

1.Je voudrais une coupe comme ça.

「こういう風にカットしてください」(写真などを示して)

2.Je voudrais une coupe d’entretien

「そろえてください」

3.Je voudrais une coloration

「カラーをお願いします」

4.Je vous en laisse le choix.

「お任せします」

5.Pas trop courts, s’il vous plait.

「あまり短くし過ぎないでください」

6.Assez courts, s’il vous plait.

「かなり短くしてください」

日本の美容室と違うか 

日本の美容室のイメージで行くと、日本人はちょっとカルチャーショックを受けるようです。

サービスや動きが全体に荒く、こちらが小柄で美容師さんが長身だと、立ってくださいと言われた方もあるとか日本の美容室って優秀なんですね。

でも髪のいいところは、万一「残念!」になっても、また伸びるところ。

私自身外国で美容室に行ったのは1回だけしかありませんが、それなりに面白く、機会があればまた挑戦してみたいと思っています。

 

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP