フランスの日常生活

フランス人が事実婚を選ぶ理由とは①

フランスでは「mariage 結婚」を選ばずに「 concubinage 事実婚」という形をとるカップルが増えています。

一緒に暮らしていて子供も居るのに結婚していないケースも多く見られます。では事実婚を選ぶ理由はいったい何なんでしょう。

フランスの同棲事情

フランスでは学生時代は親元で暮らしていても、社会人になり収入を得るようになれば親元を離れます。仕事場と実家が近くても、実家ではなくアパートを借りるのが一般的です。

働いていても理由なく実家で暮らしていると、自立できていないとみなされがちです。そうして一人暮らしをしていると、彼・彼女が出来た時に一緒に暮らすのも簡単ですね。

会話

Nicolas Ecoute, on sort depuis 6mois, est ce que tu veux qu’on habite ensemble ?

あのさ、俺たち付き合って6ヶ月になるし一緒に住まない?

Marie Vraiment ?

ほんとに?

Je pensais à ça aussi, depuis un certain temps !

私もしばらく前からそれ、考えてたの!

Tu veux q’on habite chez toi ou chez moi ?

あなたと私の家のどちらが良い?

Nicolas Je trouve qu’ils sont un peu petit pour nous deux.

どっちも二人にはちょっと小さいと思うんだよね。

D’ailleurs, le mien est assez éloigné de ton travail …

それに、俺の家は君の仕事場から遠いしね。

On peut louer un autre plus grand ?

もっと大きいのを借りようよ

Marie Oui, tu as raison.

そうね、それが良いわね。

On va faire le tour des agences immobilières la semaine prochaine ?

来週、不動産めぐりしましょ。

Nicolas OK, je vais regarder déjà sur Internet !

OK、インターネットでも見ておくよ!

単語

  • sortir (自動詞) 外へ出る
  • depuis (前置詞) ~から
  • habiter (自動詞) 住む
  • ensemble (副詞) 一緒に
  • chez (前置詞) ~の家で
  • louer (他動詞) 賃貸しする/賃借りする
  • agence (女性名詞) 取扱事務所/代理店
  • immobilier (形容詞) 不動産の

shutterstock_186774263

ポイント

On sort depuis 6mois

6ヶ月前から付き合っている

sortir」は「出かける」ですが、「 sortir avec quelqu’un」だと「~と付き合っている」の意味になります。

ですのでTu veux sortir avec moi ?」と聞かれたときは要注意です。「一緒に出かけない?」ではなく「私と付き合わない?」の意味になりますね。

nous deux

私たち二人

nous trois」といえば「私たち三人」、「nous quatre」だと「私たち四人」となります。

depuis un certain temps

しばらく前から

certain」は「確実な」という意味ですが、「 un」を頭につけて「 un certain +名詞」になると「ある/いくらかの~」という意味になります。

trouver que +直説法 

~であると思う

「~と思う」には他にも「penser」や「croire」があります。「penser」は「(考えた上で)~だと思う」、「croire」は「~だと信じる」というニュアンスが感じられます。

trouver~」だと「(何か根拠があって)~だと思う」といったニュアンスですね。

文中の「Je trouve qu’ils sont un peu petit pour nous deux」は、お互いのアパートの広さを知った上での発言ですから、「trouver」の「思う」が適当です。

D’ ailleurs 

さらに/その上

ailleurs」では「他の場所で」、「par ailleurs」では「他の見地では/他方では」となります。

D’ailleurs, le mien est assez éloigné de ton travail …」は、その前に「どちらのアパートも小さい」と話していますので、「D’ailleurs」「「その上」仕事場からも遠い」となります。

小さい・遠いと言葉の方向性がネガティブで統一されていますね。

par ailleurs」は「D’ailleurs」と逆で言葉の方向性が逆になります。

mon appartement est petit, par ailleurs il est très bien situé」「私のアパートは小さい「けれど」とても良い場所にある」になります。

shutterstock_245274172

同棲が多い理由

一緒に暮らす状態で問題がない場合、なにか切っ掛けがないとその状態(同棲)に留まってしまいがちです。

二人での同棲生活が上手くいっているので、結婚する必要性を見出せないのですね。

「結婚していること」よりも「パートナーが居ること」に重点が置かれるフランス社会ですから、結婚をせずに何十年と過ごすカップルも少なくありません。

そして法的な結婚をしていない男女が、同情的に見られることもないので、結婚適齢期といったプレッシャーを感じないのも事実婚が多い理由のひとつでしょう。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP