フランス語の発音

フランス語の綴りと発音②母音

フランス語の発音は見た目の綴りと異なることが多く、最初は「難しい」と感じる人が多いものです。

でも、実はフランス語の綴りと発音の間には規則があり、それさえ覚えればフランス語は辞書を引かなくても綴りを見ただけで発音できるようになります!

ai

ai ⇒[ɛ] [エ]

アクサン記号がつく母音字の発音について既にご紹介しました。アクサン記号と音の変化の関係は理解できましたか?

さて、次に多くの人がフランス語の発音で戸惑うのが、「二つ以上の母音字で一つの母音を表す」ことがあるという点です。今回はそのルールについて見ていきます。

まずは「ai」という綴りが現れたとき、発音は[アイ]ではなく[エ]という一つの母音になります。

発音記号は[ɛ]。アクサン・グラーヴのついた「è」と同じ音です。

フランス語にはこのように、二つ以上の母音の文字がくっついて一つの音を作るというものがいくつかあります。

「ai」を含む単語と発音

aimer [ɛme][エメ] 意味…愛する

français [f ʀɑ̃sɛ][フランセ]意味…(形容詞)フランスの、(名詞)フランス語

japonais [ʒapɔnɛ][ジャポネ]意味…(形容詞)日本の、(名詞)日本語

anglais [ɑ̃glɛ][アングレ]意味…(形容詞)イギリスの、英語の、(名詞)英語

ai」の綴りと発音で注意したいのは、「」との違いです。この「i」の上についている点二つは「トレマ」という記号です。

トレマは、「通常は一つの音を作る組み合わせの綴りを切り話す」という働きがあります。

ai」⇒[ɛ]のように1つの音を作る綴りが、このトレマが付いて「」となると、「ï」は前の「a」から切り離されて[ai][アイ]という二つの母音に分かれます。

トレマを含む単語と発音

naïf [naif][ナイフ]意味…素直な、無邪気な 

au/eau

au/eau⇒[o][オ]

次に「au」と「eau」という綴りの発音です。発音するとどちらも[o][オ]という一つの母音になります。

「au」、「eau」を含む単語と意味

aube [o:b][オーブ]意味…夜明け

pauvre [po;vʀ][ポーヴル]意味…貧しい

saucisse [sosis][ソシス]意味…ソーセージ

beau [bo][ボー]意味…美しい、きれいな

eau [o][オー]意味…水

gâteau [gato][ガトー]意味…ケーキ

ou

ou⇒[u][ウ]

次は「ou」という綴りです。発音は[オウ]ではなく[ウ]です。

発音記号は[u]。日本語の「ウ」よりもっと強い音で、口の開け方を狭くして強く突き出すようにしながら「ウ」と発音してください。

「ou」を含む単語の発音と意味

fou [fu][フ]意味…狂った、尋常でない

jour [ʒu: ʀ][ジュール]意味…日

ou [u][ウ]意味…(接続詞)または

où [u][ウ]意味…(疑問詞)どこに  *uにアクサン・グラーヴがついても発音は変わらない

ue, œ とeu,œu 

ue/œとeu/œu⇒ [œ]、[œ]または[ø] 

最後は「ue」と「œ」、「eu」と「œu」という綴りの発音です。

ue」と「œ」は「ウ」と「エ」の中間のような音を作り、発音記号は[œ]。

eu」と「œu」は、場合によって2種類の母音を作ります。やはりどちらも「エ」と「ウ」の中間に聞こえる音ですが、発音記号は[œ]または[ø]です。

[œ]は口を自然な「オ」の形にしながら、舌を下のほうにして「エ」と言うイメージ。

[ø]は口をやや狭く丸めて「オ」の形にしながら、舌を上のほうにして「エ」と言うイメージです。

「ue」「eu」「œ」「œu」を含む単語と発音

accueil [akœj][アクイユ]意味…受付、応対

œil [œj][ウユ]意味…目

bonheur  [b ɔn œ:ʀ][ボヌール]意味…幸福

bleu [bl ø][ブル]意味…(形容詞)青い、(名詞)青

sœur [sœ: ʀ][スール] 意味…姉、妹

cœur [kœ: ʀ][クール]意味…心臓、ハート

œuf [œf][ウフ]意味…卵 *単数形

œufs [ø][ウ]意味…卵 *複数形で発音がこのように変わる

フランス語の「綴りの上では二つ以上の母音が並んでも、発音上は一つの母音になる」規則をマスターすると、フランス語を読むことがかなり簡単になります。

今回ご紹介した規則をしっかり覚えてくださいね。

注:文中、カタカナの発音表記はあくまでも参考です。実際の発音はレッスンやCDなどで確認してください。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP