フランス情報

フランスのクリスマス③マルシェ・ド・ノエル

フランスのクリスマスで忘れてはいけないのが「Marché de Noël マルシェ・ド・ノエル」、クリスマス市のことです。

日本各地でも見られるようになりましたが、本場フランスの雰囲気もぜひ体験してみたいものですね。

マルシェ・ド・ノエルで

今日の2人はマルシェ・ド・ノエルをお散歩中。いろいろと目移りするマリーさんに対して、花子さんは冷静なようです

会話

Marie : Il y a trop de choix…je ne sais pas quoi choisir comme décoration de Noël…

種類がありすぎる…どのクリスマスの飾りを選んでいいか分からないわ…

Hanako : Je comprends. Ils sont tous tellement jolies qu’il est difficile à choisir.

本当ね。どれも素敵すぎて選ぶのが難しいわね。

Marie : Ah, regarde, là-bas, il y a un chalet d’épices !

あら見て、あちらに香辛料のお店があるわ!

Hanako : Calme-toi un peu.

ちょっと落ち着きなさいよ。

On fait une petite pause en buvant du vin chaud ?

ホットワインでも飲みながら少し休憩しましょ?

Marie : J’ai un petit creux aussi. On partage un chichi aussi ?

少しおなかもすいたわ。チュロスも分けて食べない?

Hanako : Je préfère quelque chose de plus traditionnelle.

私はもっと伝統的なものがいいわ。

Pourquoi pas une flammekueche ?

フラメンキッシュなんてどう?

ポイント

tellement ~ que …

tellement ~ que …」で「とても~なので…だ」となり、「que」以下は直接法です。

文中では「Ils sont tous tellement jolies qu’il est difficile de choisir.」とあります。クリスマスのデコレーションはかわいいものが多すぎて、どれを買おうか悩んでしまいますね。

主節の部分が否定形や疑問系の場合「~するほど…ではない」の意味。「que」以下は接続法になるので注意してください。

Ce meuble est tellement grand qu’on a du démonter pour le passer par l’entré.

この家具は大きすぎて、玄関を通るためには分解しなければならなかった。

un petit creux

creux」は「中があいた/へこんだ」という形容詞です。

avoir le ventre creux」で「おなかが空いた」となりますが、「le ventre おなか」なしで「avoir un creux」でも同じ意味で通じます。

un chichi

chichi」は細長い揚げ菓子のチュロスのことで、お隣スペイン発祥のスイーツです。

fête foraine 移動遊園地」でよく見かける「chichi」ですが、なぜかマルシェ・ド・ノエルでもよく売られているんですよ。

有名なマルシェ・ド・ノエル

11月の終わりから各地で開かれている「marché de Noël」、教会や街の大きな広場など開催場所もさまざまです。

ストラスブール

クリスマスに欠かせない「sapin de Noël クリスマスツリー」の発祥といわれているのがアルザス地方。

その中心・ストラスブールは、広場に飾られた大きなツリーが圧巻です。そして、なんと1570年ごろから続く伝統あるマルシェ・ド・ノエルの有名な街です。

大聖堂の周りに「chalet 山荘(ここでは山荘を模したスタンドのこと)」がずらっと並ぶ様は一見の価値ありですよ。

パリ

凱旋門から続くシャンゼリゼは、普段は各国からの観光客でにぎわう場所ですね。

ところがクリスマス時期になると、この通りに並ぶマルシェ・ド・ノエルを目指してパリジャンもやって来ます。

シャンゼリゼのイルミネーションとあわせて一層「féerique 夢のような」光景が楽しめますよ。

ランス

シャンパーニュで有名なランスにも、フランス屈指のマルシェ・ド・ノエルがあります。

パリからTGVで一時間ほどなので、シャンパン・カーブの見学とセットで訪れるのもおすすめです。

マルシェ・ド・ノエルの楽しみ方

vin chaud

マルシェ・ド・ノエルは野外で開かれているので、お店めぐりをしていると当然体が冷えてしまいます。

そんな時のほっと一息に必須なのが「vin chaud ホットワイン」。

スパイスとオレンジの香りが効いたドリンクは、屋内でいただくより一層おいしく感じられるものです。

vin rouge 赤ワイン」が主流ですが、近年は「vin blanc 白ワイン」ベースのものも登場しています。

jus de pomme りんごジュース」や「jus de raisin ぶどうジュース」にスパイスを効かせたホットドリンクもあるので、お酒が苦手な方も楽しめますよ。

flammekueche 

flammekueche」は薄いパン生地に、クリームと炒めた玉ねぎ・ラードン(厚切りのベーコン)を乗せたピザのような食べ物です。

アルザス地方ではレストランのメニューに載っていることが多い伝統的なレシピなんですよ。

マルシェ・ド・ノエルではカットしたものが売っているので、食べ歩きにもぴったりですね。

「フラメンキッシュ」と表記されがちですが、実際のは「クュッシュ」に近い発音です。

épice

「épice 香辛料」が貴重だった時代、マルシェ・ド・ノエルはクリスマスに使う香辛料を買える数少ない機会でした。

その名残もあり、香辛料や香辛料を使ったお菓子などをよく見かけます。

その中でも何種もの香辛料を使った「pain d’épices」は日持ちもするので、お土産にも良さそうですね。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP