フランスの日常生活

フランスのクリスマスイブと大晦日

フランスではクリスマスは家族で、お正月は友人と過ごすと聞いたことがありませんか?日本とは真逆の文化なのが面白いですね。

大晦日の予定

年末はクリスマスに大晦日とパーティーの準備に大忙し。マリーさんと花子さんはどんな年末を過ごすのでしょうか?

会話

Marie : Est-ce que tu as déjà décidé ce que tu fais au réveillon de la Saint Sylvestre ?

大晦日は何をするかもう決めた?

Hanako : On va au Japon. Pourquoi ?

日本に行くの。どうして?

Marie : J’organise la fête de fin d’année chez moi.

家でパーティーの計画を立てているの。

J’aurai aimé que vous seriez avec nous, mais tant pis.

あなたたちにも来てほしかったのだけど、仕方がないわね。

Hanako : Merci quand même pour l’invitation.

でも、招待してくれてありがとう。

Mon mari a pris quelques jours de congés pour rendre visite à nos familles.

家族を尋ねるために、夫が何日か休みを取ったのよ。

Marie : Pourquoi vous n’y allez pas à Noël ?

どうして、クリスマスに行かないの?

Hanako : Au Japon, c’est au nouvel an où on se retrouve en famille.

日本ではお正月に家族で集まるのよ。

Marie : Pas à Noël ?

クリスマスじゃなくて?

Hanako : Non, pas à Noël. On passe souvent en amoureux à Noël.

いいえ、違うわ。クリスマスは恋人と過ごすのよ。

ポイント

tant pis

tant」は「非常に/たくさんの」という意味の副詞ですね。同じく副詞の「pis」と一緒にすると「(残念だが)仕方がない」の意味になります。

この「pis」は「mal 悪く」の比較級ですが、「tant pis」などの成句表現以外では見かけることの少ない単語です。

かわりに「pire」(mauvais 悪い の比較級)を使うほうが一般的ですね。

merci quand même

merci quand même」は何か断るときに使えるフレーズです。

文中の花子さんのように「誘ってもらったけれど、行けない。でもありがとう」と伝えたいときに便利ですよ。

「ありがた迷惑、でも相手が良かれと思ってやってくれたのがわかる」なんてときにも使ってみましょう。

rendre visite

visite」は「訪問」という意味の名詞です。動詞では「visiter」になりますが、こちらは「(場所を)訪れる/見学する」と若干ニュアンスが違います。

人を訪ねる・会いに行くという場合は、「rendre visite」や「faire une visite」という表現を使ってください。

Pendant mon voyage à Paris, j’ai visité beaucoup de monuments historiques.

パリ旅行の間、たくさんの歴史的建造物を見学した。

Est-ce que je peux te rendre visite ce week-end ?

今週末、あなたに会いに行って良い?

en amoureux

amour」は皆さんご存知「愛」ですね。「amoureux」は形容詞で「恋をしている」という意味になります。

en amoureux」は恋人同士で過ごすこと。もちろん夫婦でもOKです。

イブと大晦日

réveillon

日本ではクリスマスの前日をクリスマス・イブ、元旦の前の日を大晦日と呼びますよね。

ところがフランス「réveillon de Noël クリスマスイブ」「réveillon du jour de l’An」とではどちらも「réveillon」と同じ単語を使って表現します。

Saint Sylvestre

文中には「réveillon de la Saint Sylvestre」とありますが、こちらも同じく大晦日のこと。

キリスト教では毎日の聖人が決められています。大晦日の聖人がこの「Saint Sylvestre」なんですね。

réveillon du jour de l’An」より耳にすることが多いので、ぜひ覚えておいてください。

クリスマスは家族で

フランスでの「クリスマスは家族で」とは、どこまでの家族のことでしょうか。夫婦?親子?三世代?

一般的には三世代が集まり、夫婦のどちらかの両親と過ごすことが多いよう。

しかし夫婦の両親どちらも一緒、その兄弟に配偶者も一緒、なんて大所帯で過ごすクリスマスも見受けられます。

ディナーの準備も大変なので、スーパーなどでクリスマスメニューを注文する場合もあります。

どちらにしても、大人がたくさんいるとプレゼントの数も増えるので、大家族で過ごすクリスマスは子供にも嬉しいもの。

こんなところも日本のお正月的だと思いませんか?

冬休み、日本とフランスの違い

日本の学校等の冬休みは、年末年始を中心に前後1週間というパターンが多いかと思います。外国の文化であるクリスマスは、祝日ですらありませんよね。

反対にフランスの冬休み(正確にはvacances de Noël クリスマス休暇)はクリスマスを中心に前後1週間が基本。

そのためお正月は祝日である元旦はお休みですが、2日から通常通りの生活が始まります。

日本人の感覚としては、せめて3日まで休みたいところ。フランスに住んでいると「寝正月」は実現できなさそうですね。

ちなみにフランスで冬休み「vacances d’hiver」というと、2月ごろの休暇を指すのでお間違いなく。

今回のフランス語での表現は、覚えられましたか?(フランス語を150%活用するために)

口に出して何度も読んでみると、脳にしっかり染み込むから覚えられますよ。

「発音記号を見てもよくわからない。」「独学でフランス語の発音に自信が持てない」という方におすすめなのがネイティブとのマンツーマンレッスン。正しい発音を学ぶことができますし、自分に必要な内容だけを何度でもしっかり学ぶ事ができるのです。

ただ、マンツーマンだと気になるのが価格。そこでおすすめなのがフランス語教室エフテン。教室よりも低価格で、自宅近くなど好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。お気に入りの先生が見つかるまで無料でお試しできますので、まずは無料体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

気になる先生を探して無料体験レッスンを受ける

実際にレッスンを受けた生徒さんの感想をみる

無料でフランス語を習得できるメールマガジンの購読はこちら

新着フランス語レッスン

PAGE TOP